【ひな祭り】ハマグリやちらし寿司を食べる意味と由来をわかりやすく

この記事の所要時間: 54

17 500x332 【ひな祭り】ハマグリやちらし寿司を食べる意味と由来をわかりやすく
ひな祭りにはハマグリのお吸い物やちらし寿司を食べるのは何故でしょう

当然意味はあるはずですが、意外と知らない方も多いはずです。

実際に私もふと疑問に思ったので、色々調べて見たところ「へーこんな意味があるんだー」と思わず納得してしまいました。

そこで本記事では、ひな祭りにハマグリやチラシ寿司を食べる由来や具材の意味についてまとめてみました。

豆知識として覚えておくと子供に聞かれた時のドヤ顔することが出来ますよ

スポンサードリンク

ひな祭りとは?由来や歴史をわかりやすく

『ひな祭り』は、『桃の節句』ともいわれる『五節句』の一つです。

節句(せっく)とは、元々、中国から伝わって日本の文化となった、伝統的な“年中行事を行う季節の節目”の日のことです。

古くは、『説句(せちく)』や『節日(せちにち)』ともいわれていました。

そして、節句にはお目出度い『節句(せちく)料理』を食べる習慣がありましたが、後々その中で最も重要な正月料理のことを『おせち料理』というようになりました。

因みに、五節句とは、1月7日の『人日(じんじつ):七草の節句』、3月3日の『上巳(じょうし):桃の節句』、5月5日の『端午(たんご):菖蒲の節句』、7月7日の『七夕(しちせき):七夕(たなばた)』、9月9日の『重陽(ちょうよう):菊の節句』のことです。

歴史的に『ひな祭り』が何時から始まったかははっきりとはしていませんが、平安貴族の間では子女の『雅雛(みやびびな)』が行われていたという記録があります。

詰まり、始めは女の子の遊びだったことから、『雛遊び』と呼ばれていました

他方、平安時代には、紙で作った人形を川に流す『流し雛(ながしびな)』が行われており、穢(けが)れ払いとして始まった『上巳の節句』に、ひな人形を“厄除けの守り雛として祀られました

江戸時代になって“人形遊びと節句の儀式”が結びつき、全国に広まり庶民の間にも普及していきました。

ただ、その当時は、男女一対の『内裏雛(だいりびな)』を飾るものでしたが、その一方で身分の高い武家などでは子女の嫁入り道具の家財の一つになり、段々と華美で贅沢なひな人形になっていきました。

所が江戸後期になると、更に凝った宮中の雅雛装束を再現したものが現れ、内裏雛のお供である従者人形や小道具などの段飾りが増え、一段とスケールが大きくなっていきました

因みに、現在のような『七段飾り』は高度成長期以降に現れ、『八段飾り』はバブル時代以降に現れたものです。

ひな祭りの定番メニューと言えば?

『ひな祭り』の定番目ニューは、何といっても『ちらし寿司』です。

とはいっても、ちらし寿司そのものは、お祝い事全般に食べられる縁起の良いものですから、必ずしもひな祭りに限ったものでもありません。

ひな祭りの定番には、ちらし寿司以外にも以下のようなものがあります

(1)菱餅(ひしもち)

最近では余り見かけませんが、三段重ねにした3色の縁起物のお菓子です。

ヨモギの『緑』は厄除け、ヒシの実の『白』は長寿、クチナシの実の『赤』は魔除けの意味があります

(2)雛あられ

菱餅と同様の3色の『あられ』です。

関東系は長円形で砂糖をまぶしますが、関西系は円形で醤油か塩で味付けします。

(3)桜餅

ひな祭りとは何の所縁(ゆかり)はありませんが、菱餅の代わりに食べられるようになりました。

(4)白酒

白酒は、元々中国から伝わった薬養酒で『桃花酒(とうかしゅ)』と呼ばれています。

白酒には、桃という字が使われていますが、『百歳(ももとせ)』に掛けて長寿を願う意味があります

ただ、アルコール分が高いので、子供は『甘酒』にして下さい。

スポンサードリンク

ひな祭りにハマグリのお吸い物を食べる由来は?

27 500x370 【ひな祭り】ハマグリやちらし寿司を食べる意味と由来をわかりやすく
『貝』には色々な種類がありますが、その中でも特にハマグリ、アサリ、カキなどの『二枚貝』が有名です。

昔から、二枚貝は『お姫様』と呼ばれていましたが、これは女性の『貞操』を意味した言葉です

二枚貝は“二枚の殻が対(つい)”になっていて、貝の“蝶番(ちょうつがい)の部分”が別の貝殻とはぴったりと重なることも嵌(はま)ることもありません

そのようなところから、二枚貝は“良い夫婦の象徴”とされており、ひな祭りのお吸い物に入っている『ハマグリ』は、長じてから女の子が良い相手と結ばれ、円満な夫婦となり幸せになるように、との願いが込められている訳です

因みに、平安時代の貴族婦人たちの中では、ハマグリの貝殻を使った『貝合わせ』という遊びがありました。

これは、貝殻の内側に薄い紙を貼り、『源氏』などの絵を描き金箔で極彩色に仕上げたもので、二枚貝の特性を上手に利用して左右一対の貝殻を合わせる遊びです。

ひな祭りにちらし寿司を食べるのはなぜ?具材の意味とは

33 500x375 【ひな祭り】ハマグリやちらし寿司を食べる意味と由来をわかりやすく
『ちらし寿司』がお祝い事に食べられる理由は、先ずは“見た目に綺麗”ということと、中に入れる具材に“縁起が良い”ものが使われることから、広く定着したものといえます

『寿司』という字は、『寿(ことほぎ=目出度い)』と『司(つかさ=役目)』から成っていますので、まさに“お目出度い席の主役を担っている”ということでしょうか

寿司の具材の意味とは、次のようなものです。

(1)エビ:腰が曲がるまで長生きできる
(2)レンコン:先の見通しが良い
(3)マメ:元気にマメに生きる
(4)菜の花:春の訪れ

むすび

よく“ひな人形の片づけが遅れると婚期が遅くなる”と聞きます

最近、男女とも結婚する年齢が昔よりずいぶん遅くなっています

ひな人形との関係があるとも思えませんが、少子化の大きな要因とも考えられ、甚だ気掛かりです

★おすすめ関連記事★
スポンサードリンク

関連記事

ピックアップ記事

  1. 6e60429bf04f7a6aaf06913a9010c3c6_s (1)
    口の中に違和感や痛みを感じると、「またか!」と思ってませんか? 口内炎ができやすい人は、何…
  2. c106e36b754a4fd4d6f9b9327bc89838_s
    「この人と、毎日一緒にいたい」 お互いにそう思えたら、 次のステップに進むのはとても自然なこ…
  3. ダウンロード
    「ありのーままのー姿見せるのよー」 2014年大ブレイクしたアナ雪。 あなたはご覧になり…
  4. motyu
    身内に不幸があった年は年賀状を出さない。 喪中の場合年賀状を出さないのは常識として、みなさ…
  5. ST330012 (1)
    お通夜に参列すると、会葬礼状などと一緒に、塩の入った小さな袋を貰った事ありますよね。 あの…

カテゴリー

旬な話題をチェック!

  1. 53c34e4bb18457ec96753d23468b7be2_s (1)

    【海水浴場】関東の人気ビーチランキング!花火ができる場所は?

    夏と言えば、海水浴です! 今年も思いっきり泳いだり、海辺でバーベキューしたり、ミッチリ日焼…
  2. 31cf2571a6f39ad88c01a4b87530d607_s (1)

    2017年成人式ネイルの選び方|ネイルサロンで上手に注文する方法

    「振袖に合うネイルで人気のあるのはどんなの?」 「成人式用にネイルサロンに行きたいけど、 …
  3. 基本 CMYK

    会社の忘年会ゲームの景品のおすすめは?予算別人気ランキング

    「忘年会の幹事を任されて、出し物は決まったけど、景品が決まらない・・・」 一難去ってまた一…
  4. 78092d2658181f8ee80ac606abbe2fc9_s (1)

    唇がカサカサヒリヒリ痛い!リップを付けても治らない時の原因と対処法

    女子の理想は、しっとりしたプルプルの唇です。 しかし冬になると、乾燥してカサカサになりがち…
  5. https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-PAK87_MChikari20141220142335-thumb-1000xauto-17939

    【クリスマスデート2016】関西で彼女が喜ぶデートプランと穴場スポット

    クリスマスシーズンが近づくと、ウキウキワクワクし始めますよね? でも、彼女とデートの予定が…
  6. edc7a4d26ef9c420284b943399c00f40_s (1)

    七夕は手作りで楽しもう!子供が喜ぶ笹飾りやおやつの作り方

    7月7日は七夕祭りです。 (北海道の方は8月7日ですね。) 七夕に向けて、お子さんのいる…
  7. 739a6ed80aae8f17d279e71f1d63e0a8_s (1)

    ママが乳幼児を叱る時気をつける事と手を上げてしまった時のフォローの仕方

    子供の叱り方って難しいですよね? 特に乳幼児の場合、 なぜ叱られたのかがわからず、 恐…
  8. 4ff75bfb42b8ddd1635e24d766f5ef34_s

    仕事納め挨拶例文|上司、社長への挨拶スピーチとメールを送る際のマナー

    2015年も残りわずかです。 ついこないだ正月を迎えたばかりだと感じるのは私だけでしょうか…
ページ上部へ戻る