【成田山節分会2017】芸能人を間近で見るには?日程、混雑情報まとめ

この記事の所要時間: 520

image0013 500x333 【成田山節分会2017】芸能人を間近で見るには?日程、混雑情報まとめ
出典:https://www.city.narita.chiba.jp/

節分時期になると、毎年テレビで有名人が豆まきをしている映像がよく流れますよね

これは恒例になっている成田山の節分会を映した映像です。

勿論、一度は生で見てみたいと思ったことがある方も多いはずです。

では、成田山の節分会に参加するためにはどうすればいいのか?

また、間近で有名人を見ることは可能なのでしょうか?

本記事では「成田山節分会2017年」の日程や混雑情報などあなたが気になっているであろう情報をまとめてみましたので是非参考にして下さい。

スポンサードリンク

成田山に参拝者が多い理由と歴史をわかりやすく

千葉県成田市の『成田山新勝寺(なりたさんしんしょうじ)』は、お正月の参詣人が多いことで有名な『真言宗智山派』の寺院で、通称、『成田不動』或いは単に『成田山』と呼ばれています。

本尊は、不動明王で普段は『交通安全』や『家内安全』などの護摩祈願に訪れる参詣者が多いといわれています

因みに、正月の参詣者の人数はほぼ250万人を超え、全国でも『明治神宮』に次いで第2位となっています

江戸時代には、成田不動の『出開帳(出張秘宝展)』が江戸で12回行われた記録が残っていて、当時歌舞伎の人気役者『市川団十郎』が成田不動尊に帰依したことから、『成田屋』の屋号を名乗るようになりました。

そのような経緯もあり、不動明王が歌舞伎の演目で演じられるようになり、江戸の庶民たちの成田山詣でが盛んになった訳です

明治維新以降、日清戦争当時から軍人たちの新勝寺の『身代わり札』への信仰が深まり、その後も太平洋戦争の敗戦に至るまで、軍人たちの『武運長久』の祈願が絶えなかったといわれています。

節分会って何?

image0032 500x333 【成田山節分会2017】芸能人を間近で見るには?日程、混雑情報まとめ
『節分(せちぶん又はせつぶん)』とは、立春、立夏、立秋、立冬など四季の“始まりの日の前日”のことをいいます。

詰まり、“季節の分かれ目”のことを意味する言葉ですが、江戸時代以降になってからは“特に立春の前日(2月4日ころ)”を指すことが多くなりました。

一般的に節分には邪気除けの『柊鰯(ひいらぎいわし)』を飾り、“福は内、鬼は外”と声を出して福豆(煎り大豆)を撒(ま)いて、年の数だけ豆を食べて邪気を祓(はら)う習わしがあります。

『成田山』では、例年2月3日に『節分会』が開催され、恒例の『豆まき』が行われます

ところが、成田山の不動明王の前では“鬼でも改心する”との訓(おし)えがあり、この世に鬼はいないので“鬼は外”の発声はなく、“福は内”という声だけ発します。毎年の節分会では、『特別追儺(ついな)豆まき式』を1日に3回行いますが、1回目と2回目は『大相撲力士』、3回目は『NHK大河ドラマ』の出演者が夫々5名ほど特別年男として参加します。

因みに、『節分会(せつぶんえ)』とは、仏教寺院で催される“節分の法要”のことをいいます

また、『追儺』とは、平安時代から宮中で行われている年中行事の一つで、悪魔や邪気などを祓う『鬼遣(おにや)らい』ともいわれる行事のことです

スポンサードリンク

成田山の節分会・豆まき2017の日程、アクセス、混雑情報


成田山の節分会は、毎年立春の前日に行われます

今年の『特別追儺豆まき』には、大相撲から横綱や人気力士、2017年のNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』の出演者『柴咲コウ』、『貫地谷しほり』、『杉本哲太』などの参加が予想されます

なお、『成田山節分会2017』の予定は次の通りです。

(1)日程:2017年2月3日(金)(2)特別追儺豆まき式
*1回目:11:00~
*2回目:13:30~
*3回目:16:00~

(3)アクセス:
電車の場合:京成電鉄『京成成田駅』又はJR『成田駅』から、徒歩10分
自家用車の場合:東関道自動車道成田JC⇒R295⇒寺田IC直進⇒R408⇒
成田山裏門入口の信号左折⇒左側に駐車場

(4)駐車場:弘恵会(土屋、田町、本町)3か所の駐車場から徒歩3分
:市営駐車場、民営駐車場あり

(5)混雑情報:新勝寺の近隣に沢山の駐車場があるので、車で行っても特に問題ありません。

芸能人ゲストを間近で見られるお勧めの立ち位置は?

大相撲の力士や芸能人ゲストの入場は、本堂西側『光輪閣』の花道を通って豆まき会場に進んでいきます

なお、壇上に上がる前にゲストが一旦整列しますので、少し早めに出かけて出来るだけ前の方に並んでいると、近くでゆっくり見られるかも知れません

成田山節分会2017のその他見どころ


成田山の節分会では、特別追儺豆まき式の外に一般参加の『開運豆まき』も行われます。

ただ。定員が各回100名(合計300名)と決まっていますので、参加希望者は郵便での申し込みが必要です

参加料は記念品と共に1万円となっています

興味がある方は、成田山のWEBサイトで郵送方法等を確認されると良いでしょう。

なお、開運豆まきの予定は、1回目が9:30~、2回目が12:30~、3回目が15:00~の予定になっています。

むすび

成田山新勝寺で最も人気のあるお守りは『交通安全御守』かと思いきや、『身代御守(みがわりおまもり)』とのことです。

身代御守は、江戸時代の『大工さん』が仕事中に誤って足場から落ちても、怪我一つなく無事だったという言い伝えがあります

昨今の信じられないような自動車の『事故除け』のため、節分会のお帰りに手に入れては如何でしょうか。

因みに、成田山新勝寺の『お守り』の価格は、1個500円~150,000円までありますが、その種類は何と50種類以上であらゆる御守が取り揃えられています

★おすすめ関連記事★
スポンサードリンク

ピックアップ関連コンテンツ

関連記事

ピックアップ記事

  1. 009861
    「彼氏に心のこもったクリスマスプレゼントを送りたい!」 と思ったらやっぱり手作りですよね? …
  2. 515d39d86fc439347d4701ee1e333ff5_s
    あなたは「見解書」を作成したことがありますか? 普段の生活ではあまり馴染みがないかもしれま…
  3. 66276b2048bb6705dccc341d45c5fe89_s (1)
    大勢の前で話をするはとても緊張します。 ひょっとしたらあなたも、人前で話をした時に声が震え…
  4. 23208e9ae634508bd40c516ebbb6a929_s (1)
    高速道路の料金支払いをスムーズにしてくれるETCカード。 ドライブ好きな方や、 仕事でよ…
  5. 77a851303285b6fe6c12e070e3555d3c_s (1)
    大学生活最後の大イベント、謝恩会。 楽しみにしている人も多いことでしょう。 でも…

カテゴリー

旬な話題をチェック!

  1. 739a6ed80aae8f17d279e71f1d63e0a8_s (1)

    ママが乳幼児を叱る時気をつける事と手を上げてしまった時のフォローの仕方

    子供の叱り方って難しいですよね? 特に乳幼児の場合、 なぜ叱られたのかがわからず、 恐…
  2. 2467f4c2cecec3491b4e2c256162d0bd_s (1)

    【七五三】7歳の女の子のヘアスタイル人気ランキング!ショート、ロング編

    七五三は様に子供の成長を感謝しお祝いする伝統行事です。 参拝に行くのも大切なことですが、 …
  3. 20140414155553-57S (1)

    忘年会に参加したくない!職場、取引先、友人への上手な断り方

    忘年会シーズンは日本中でたくさんの飲み会が催されます。 みんなが一年でもっとも浮足立つ時期…
  4. 00745a4eecdb6d34a9ae1f15ceb64e65_s (1)

    【香典袋】お香典の意味と渡し方|御霊前と御仏前の違いをわかりやすく

    訃報というのは突然もたらされるものです。 どんなに慌てても、忘れてはいけないのがお香典。 …
  5. -shared-img-thumb-KIM150922597543_TP_V (1)

    【大学の謝恩会】ドレス以外の女性の服装|スーツ、振袖を着る際の注意点

    大学生活もあと少し、もうすぐ卒業ですね。 卒業式や謝恩会に何を着て行こうかという楽しい悩み…
  6. 217de24c863951773aa07d7077c06031_s (1)

    ヨガを始めたいあなたへ~初心者におすすめのポーズとエクササイズ方法~

    ヨガに興味を持っている方は多い事と思います。 健康のため、ダイエットのため、肩こりがひ…
  7. 07bfb06d377c575bc8b12bfd77a13794_s

    肩こりによく効くヨガのポーズをご紹介♪実践者の効果や口コミは?

    「肩こり」と一言で言ってしまうと 軽く聞こえるかもしれませんが、 重症の方の場合はとてもつら…
  8. dea30e998795263720f88be401b1e721_s

    忘年会で上司が喜ぶ簡単に出来る一発芸|恥かしがり屋の女子はコレ!

    忘年会シーズンが近づいてきました! 本来であれば楽しい忘年会ですが、 新入社員の方はちょ…
ページ上部へ戻る