静電気対策グッズランキング2015/効果あり!通販で人気の商品はコチラ♪

この記事の所要時間: 523

 静電気対策グッズランキング2015/効果あり!通販で人気の商品はコチラ♪
子供の頃、よく下敷きを使って
髪の毛をこすり、静電気を起して遊びませんでしたか?

子供にとって、静電気は楽しい遊びの1つでしたが、
大人になると、悩まされることの方が多いですよね。

何かに触れるたびにパチッと痛みを感じ、不快な思いをします。

特に秋口から冬にかけては
静電気が多く発生する時期です。

では、乾燥する時期になると
なぜ静電気が発生しやすくなるのか?

また、静電気の発生しやすい人とはどういった体質なのか?

おすすめの静電気対策グッズとあわせてご紹介致します。

是非参考にしてみてください。

スポンサードリンク

乾燥時期に静電気が発生しやすいのは何故?

なぜ、冬場の乾燥した時期になると、
静電気がよく発生するのでしょうか?

まず、静電気というのは、どんなものにも存在します。

ものが動くことにより、
物体同士が摩擦して発生するのです。

時には空気との摩擦によっても発生します。

もちろん人も動くので、
常に静電気は発生しているわけです。

その発生した静電気ですが、
性質として、水にはよく通りますが、空気には通りません。

夏にあまり静電気が気にならないのは、
空気中の湿度が高いのと、汗をよくかくためです。

発生した静電気は、
汗や空気中の水分を伝わって外に逃げていきます。

乾燥している冬などは、
電気の逃げ道である水分がないため、
身体に帯電している電気が放電されにくくなります。

何かに触れると、そこを出口として
たまった電気が一気に放出されるため、
パチンと衝撃が走るというわけです。

静電気体質とは?人によって静電気の感じ方は違うの?

静電気の感じ方は人によって違います。

しょっちゅう

「バチッ!いてっ!」

とやっている人もいれば、
冬でもあまり静電気で悩まない人もいます。

静電気体質の人というのは、やはりいるのですね。

静電気の大きな原因は摩擦ですが、
食生活も大きく関わってきていると言われています。

静電気体質の人は、
血液の濃度が高い可能性があります。

体が健康状態の「弱アルカリ性」から
悪質な「酸性」に偏ってしまうことで
マイナスイオンを保持できず、
外部のプラス電気を呼び寄せてしまうというのです。

これは食生活が欧米化も原因となっています。

ジャンクフードや肉類を多くとることが
多くなった現代人ならではの問題ですね。

静電気に悩まされているのなら、
まず和食を中心とした食生活に切り替え、
体内から改善していきましょう。

スポンサードリンク

静電気対策グッズランキング2015

食生活を改善するのはなかなか時間がかかりますが、
簡単に手に入る便利グッズもたくさんあります。

静電気が一気に放出されるのを避けるための、
さまざまな静電気対策グッズをランキング形式でご紹介しましょう。

第1位 静電気除去スプレー

スプレータイプの静電気防止グッズです。

シューッとスプレーするだけで、
瞬時に静電気を抑え、洋服を脱ぐときのパチパチや、
スカートのまとわりつきを防止することができます。

手軽に使えるので、最もよく使われています。

第2位 静電気除去ブレスレット

ブレスレットとして腕に付けておくだけで、
静電気を除去してくれる優れものです。

ドアノブに触れる前にブレスレットを
そっと触れさせるとより効果があるようですね。

シリコンタイプや、静電気を除去できる繊維で作られたものなど、種類も様々です。

デザイン性の高いものも多いので、
おしゃれと両立できるのが人気のようです。

第3位 静電気除去キーホルダー

キーホルダータイプなので、
男性が使いやすいようです。

この商品は、静電気を吸収すると発光するタイプなので、
静電気を除去できたことが目で確認できて安心ですね。

このキーホルダータイプも、
さまざまな種類があるので、
男性にも女性にもおすすめです。

第4位 静電気除去シート

シートタイプですので、
静電気の起きやすい場所に貼っておくと便利です。

例えばドアノブの横に貼って置いて、
ドアを開ける前に軽くタッチすれば、
静電気を除去してくれます。

家の中で使うには、
持ち歩く必要がないのでいいですね。

大きさもいろいろありますので、
用途によって使い分けられます。

除去シートの効果は、こちらの動画でご覧いただけます。

第5位 静電気除去ブラシ

こちらは女性が重宝するブラシです。

髪の毛に静電気が発生するのは本当に困りますよね。

ブラッシング時の静電気を除去してくれます。

まとめ

冬場に静電気が多くなる理由と
おすすめ静電気対策グッツをランキング形式でご紹介致しました。

まずは手軽なグッズで日々の静電気ストレスを解消しつつ、
食生活を改善していくのがよさそうですね。

少しでも静電気を減らして、快適な冬をお過ごしください!

★おすすめ関連記事★

静電気除去ブレスレットおすすめはコレ!効果や仕組みをわかりやすく
スポンサードリンク

ピックアップ関連コンテンツ

関連記事

ピックアップ記事

  1. 515d39d86fc439347d4701ee1e333ff5_s
    あなたは「見解書」を作成したことがありますか? 普段の生活ではあまり馴染みがないかもしれま…
  2. 86e1b38f5ce1ae069a8fc00811da5d70_s
    「今回は絶対に痩せる!」 今ダイエットを頑張っているあなたへ。 頑張る女性にとって、…
  3. d3423e60dd301844d7e14dc6608fcce5_s (1)
    今年の夏も暑くなりそうです。 暑い時は、海やプールに行きたくなりますよね。 関東には…
  4. motyu
    身内に不幸があった年は年賀状を出さない。 喪中の場合年賀状を出さないのは常識として、みなさ…
  5. b925f73332352ff56f27ef5379f634fc_s
    バースデープレゼントに手書きのカードが 添えられていると、 祝ってくれた人の真心が感じられます。…

カテゴリー

旬な話題をチェック!

  1. 851b5e7898f173fcd14791ecbeaf4ec4_s (1)

    年始の挨拶メールはいつまで?友人や上司の好感度がアップする例文

    11月に入ると一斉に年賀状の準備が始まります。 しかし、最近では年賀状を出すのを省略している方…
  2. db35b7bd8666a5c14f235b9a691977a7_s

    結婚式で花嫁から両親への手紙を読むときによく使われるBGMまとめ

    結婚披露宴最大の山場「両親への手紙」 結婚式で何が印象的だった? と問えば、大多数が両親…
  3. bsPAK85_lalaplezentol20140321 (1)

    バレンタインのチョコに添えるかっこいい英文メッセージ【友達、彼氏編】

    2月の大イベントと言えばバレンタインデー。 14日に向けての準備が何かと忙しいですよね。 …
  4. 0367de313faf83dc2794a9e36be5a5b7_s (1)

    【女性のいぼ痔】原因と症状|押し込むと治るの?自宅で簡単に出来る治し方

    女性のいぼ痔は診察してもらうのが恥ずかしいので、すぐには病院に行きづらい病気です。 「いぼ…
  5. fe7d99e7ab07b13e471ebf26d8426d5a_s (1)

    【引っ越し先の挨拶】タオルはどこで買うの?金額相場とのしの書き方

    年末から4月くらいまでは、進学や就職、転勤などが多い時期です。 新規一転、住み慣れた土地を…
  6. 26fb36fe0d3ef1f48371245d50a25203_s (1)

    2016年GW渋滞予想!首都高、東名、中央道のピークはいつ?

    2016年ゴールデンウィークが近づいてきましたね。 旅行の予定を立て、心待ちにしている方も…
  7. f97d63dd70f202a292a88ebc1020e513_s (1)

    寝ている時ふくらはぎがつる原因と予防方法|妊婦が足をつった場合は?

    「ぐっすり眠っていたのに、突然ふくらはぎがつって飛び起きてしまった」 という経験はありませ…
  8. 47c619385d5266c5304039c34d2f50bb_s (1)

    口内炎が一週間以上治らないのはまさかガン?原因と改善食事レシピまとめ

    「あれ?何か口の中に違和感が・・・」 口の中に突然プクっとできる口内炎。 実際に見る…
ページ上部へ戻る