卒園式や卒業式のコサージュを手作りで!はぎれ布や100均での作り方

この記事の所要時間: 40

「娘の卒園式のアクセサリーどうしようかなー」

「目立ちすぎるのも駄目だし、
かと言ってあんまり地味だと・・・」

冠婚葬祭なら無難なパールでいいけど、
意外に難しいのが、子どもの卒園式や
卒業式の服に合わせるアクセサリー。

スポンサードリンク

卒業式でのお母さんの服装は
比較的落ち着いた色が多い事と思います。

まさか、主役のお子さんより目立とうとはしませんよね?

 

そんな服装にちょっとしたアクセントを付けるのがコサージュです。

コサージュを付ける事で、
喜びを表現することができます。

子どもの晴れの日に華やかさを添えられる
コサージュを手作りしてみませんか?

卒業式に参加するお母さんの服に
ぴったりのコサージュの作り方をご紹介します。

卒園式や卒業式に合うコサージュの色や素材は?

65e96ea0221365527b15fb32dfedb0f8_s
卒業式に付けるコサージュは、
あまり深い色では地味になってしまいます。

子どもたちが主役の式典にはふさわしくない印象です。

理想は淡いピンクやブルー、
薄い紫などがいいですね。

清楚な白や、柔らかい印象のベージュなども雰囲気に合います。

手作りコサージュの素材は?

素材は、生花もいいですが、
せっかく手作りするのですから、
思い出の品としてとっておける、
布コサージュがお勧めです。

次の卒業式でも使えますし、
バッグに付けて、チャームとしても活用できます。

オーガンジーやレースなど、
透明感のある素材を使うと、
上品さも演出できますよ。

簡単にできる布コサージュの作り方

f3dc6b6796dfcb211e96b677ea4ea265_s
それでは、基本的な布コサージュの作り方をご紹介します。

10cm×30cmの布があれば、
かわいい花のモチーフのコサージュが作れます。

[illust_bubble subhead=”手作り布コサージュの作り方” align=”right” color=”red” badge=”check” illst=”check-w3-l”]1. 6cm×6cmに布をカットします。同じ大きさを5枚作りましょう。

2. 表が外になるように半分に折り、
輪になっていないほうをすべて端からぐし縫いします。

コの字型に縫うようなイメージです。

角は直角に縫わず、
内側にカーブするように縫ってくださいね。

3. 5枚の布を一続きに縫い、
糸をぎゅっと引き絞って玉止めし、
最初に戻って玉止めします。

真ん中の空いた花型ができあがります。

4. 先に作った花型の中心の縫い目が
隠れるくらいの丸い型紙をとります。

5. 型紙の2倍の布を四角くカットし、
中央に型紙を置き2cmくらいの周囲を丸くぐし縫いします。

6. 中央に少量の綿を置いて
その上に型紙を載せます。

型紙ごと布を包むように糸を引き絞り、玉止めします。

7. 花型の中心に縫いつけます。

このとき色の違うレースやビーズなどを
一緒に縫いつけると花の中心のアクセントになりますよ。

8. 裏に丸く切ったフェルトを縫いつけ、
コサージュ台やピンをボンドでくっつけて出来上がり![/illust_bubble]

花の大きさは、最初にカットする布のサイズで変えられます。

いろいろな大きさで作ってみてくださいね。

スポンサードリンク

100均の材料やはぎれ布を使ったコサージュ作り

6942ecb9aca16fb0370855b0b12e9f26_s
布だけではなく、100均で手に入る
造花を使っても、お好みのコサージュを作ることができます。

バラバラに分解した造花のパーツを
組み合わせることで、生花にはない色合いの花ができあがりますよ。

あとりえChikuTaku/コサージュの作り方

「お裁縫はちょっと苦手・・・」
というお母さんでも、これなら簡単に楽しみながら手作りできるのでは?

100均で手に入れられる材料だから、
失敗しても買い直しの予算をあまり気にしないで使えます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

これから卒園式に出席する為の
服装選びのお役に立てたでしょうか?

私も娘の卒園式の服装選びにアレコレ悩んだ経験があります。

女性ならやっぱり服装は気にしますよね?

そんな私の悩みを解消してくれたのがコサージュです。

しかも、手作りで作ると以外に面白いものですよ!

娘さんと一緒に色や素材を選んで、
親子でおそろいのコサージュを付けて
卒業式に参加するのがおすすめ。

きっと、素敵な思い出の一日になりますよ!

★おすすめ関連記事★
卒業式コサージュの付け方と位置|付けてはいけない色と通販購入方法!

スポンサードリンク

ピックアップ関連コンテンツ

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「今回は絶対に痩せる!」 今ダイエットを頑張っているあなたへ。 頑張る女性にとって、…
  2. 1人で複数のメールアドレスを持つ時代。 もうひとつのアドレス名を何にするかで頭を悩ませてい…
  3. 日本の三大祭りのひとつと言われる京都の祇園祭。 お祭りでは珍しく約一か月開催されることもあ…
  4. 口の中に違和感や痛みを感じると、「またか!」と思ってませんか? 口内炎ができやすい人は、何…
  5. ダイエットに大切なのは、 ローカロリーで栄養バランスの 取れた食事を摂ることです。 特…

カテゴリー

旬な話題をチェック!

  1. 忘年会の乾杯挨拶2017|乾杯の挨拶は誰にお願いするべき?例文まとめ

    忘年会の幹事をしたことありますか? 場所決めや出欠など、たくさんの仕事がある上に 細部まで気…
  2. 2017年成人式メイクはコレ! かわいいと注目のちょい派手にする方法

    2017年成人式ももうすぐですね。 もう、成人式用のメイクを決めて練習されている頃でしょうか。…
  3. 膝の痛みや股関節痛でしゃがめない!自宅で簡単に改善する3つの方法

    「膝が痛くて、しゃがむのが辛い・・・」 「股関節が痛くてうまく正座する事が出来ない・・・」 …
  4. 【書き初め】今年の抱負にぴったり!かっこいい四字熟語の見本

    「お正月と言えば書き初め!」 と思っていたのは、小学生くらいまででしょうか? 最近は…
  5. 高校生卒業旅行国内おすすめ人気ランキング2017!気になる予算は?

    「高校生活最後の思い出に卒業旅行に行こう!」 高校を卒業すると友人たちとは離れ離れになることで…
  6. 【ハロウィン】簡単でかわいい♪ショートにおすすめのヘアスタイル

    日本でもビックイベントのひとつとなったハロウィン。 10月31日は、趣向を凝らして様々な方…
  7. バストアップにお灸がおすすめの理由と効果のあるツボ|熱くないの?

    本格的な夏に向け、素敵なボディラインを目指して 日々努力されている方も多いのではないでしょうか…
  8. 唇がカサカサヒリヒリ痛い!リップを付けても治らない時の原因と対処法

    女子の理想は、しっとりしたプルプルの唇です。 しかし冬になると、乾燥してカサカサになりがち…
ページ上部へ戻る