お雛様を飾る時期と飾り方をわかりやすく!雛人形は誰が買うべき?

この記事の所要時間: 344

春の訪れを告げるような女の子の節句、雛祭り。

女の子のいる家では、年に一度、
しまってあったお雛様を飾る準備も楽しいものです^^

あなたのおうちに雛人形がある場合は
押入れから引っ張り出して飾ればいいわけですが、
雛人形がない場合は購入する事を検討するはずです。

さて、購入する場合は誰が雛人形を買うべきなのでしょう?

スポンサードリンク

お父さんやお母さん?
それともおじいさんやおばあちゃん?

おじいさんやおばあさんと言っても、
母方の両親が用意するべきなのか?

祖父母に買ってもらえるなら越した事はないですよね。

おばあさんに購入してもらう為には
ある程度の理由付けが必要になってきます。

 

そしてひな祭りは何の為に行なうのか?

意味や由来はあまり知られていませんね。

今回はそんな素朴な疑問について、色々調べてみました。

これから雛人形を購入しようと思っている
あなたのお役に立つ情報をまとめていきます!

お雛様の意味とは?

ff077cec97dd48f19531abd45d4b6cd6_s
雛人形を購入する前に、
雛人形を飾る意味と由来をご紹介致します。

3月最初の巳(み)の日に男女が
川のほとりに集まり、穢れを祓うために
草木や紙の人形(ひとがた)で体をなで、
身代りとして川に流す風習は、平安時代からありました。

今でも「流し雛」として、この風習は残っています。

雛人形に限らず、古来日本では、

人形は持ち主に降りかかる災厄を身代りに受けてくれるもの。

という意味がありました。

このことから、持ち主の女の子の健やかな
成長と幸せを願い、娘の災厄を祓うよう
雛人形を飾るようになったのです。

お雛様の飾り方は?いつから飾ればいい?

c50580afb88c40fd43977fab242134c6_s
お雛様にも、三人官女や五人囃子まで揃った段飾り。

お内裏様とお雛様だけのシンプルなもの
など、いろいろなタイプがあります。

雛人形の飾り方・しまい方

どんなお雛様でも、
その家の女の子の守り神のような存在です。

年に一度の雛祭りの日、リビングなど、
お客様や家族の目につくところに飾ってあげましょう。

「これからの1年間、我が家の娘を守ってください!」

という願いをこめて飾れば、
それだけでお雛様はとても喜んでくれるはずです。

雛あられやちらし寿司をお供えして、
女の子の成長を祝いましょう。

お雛様を飾る時期は?

お雛様を飾る時期は、季節が春を
感じさせる節句である「雨水の日」。

すなわち2/19、2/20ごろからがよいと言われています。

節句の前日や当日に飾るのは、
「一夜飾り」といって、縁起が悪いとされてきました。

しまう時期は地域にもよりますが、
あまり長く飾っていると、湿気や
埃のためにお人形が痛んでしまいます。

日当たりのよいリビングに飾った場合、
お雛様が日焼けしてしまうおそれも・・・

3月3日を過ぎたら、2週間以内に
雛人形をしまうほうがよいでしょう。

雛人形を買うのは妻の実家?一般的に誰が買うべき?

858da662c6d18eac41a5df18f2bd5967_s
かつては、嫁入り道具のうちのひとつと扱われていた雛人形。

成長を見守ってくれたお雛様と一緒にお嫁にいく。

というのが、習わしでした。

その名残で、今も多くの地域で、
初節句を迎える女の子の母親の実家。

つまり、母方の祖父母から贈られるのが一般的です。

現代ではそうしたしきたりにこだわらず、
飾るスペースに合わせて両親の好みに
あった人形を選んだり、父方の実家から
贈られたりすることもあります。

我が家に生まれてきた娘の幸せを祈り、
健やかな成長を祝うためのお人形
だということを第一に考えて、
家族で相談しながら用意してあげましょう。

まとめ

ひな祭りの主役はあくまでもあなたの娘です。

娘の幸せを祈り、この一年の成長を祝うと
同時に、家族みんなで華やかな雰囲気を楽しむ!

これが雛祭りの醍醐味ですね。

しきたりや習わしにこだわりすぎなくても大丈夫です。

家族のみんなの笑顔がそろえば、
飾られたお雛様もきっと喜んでくれるはずです。

ずっと思い出に残る雛祭りにしてくださいね。

★おすすめ関連記事★
卒業式コサージュの付け方と位置|付けてはいけない色と通販購入方法!

スポンサードリンク

ピックアップ関連コンテンツ

関連記事

ピックアップ記事

  1. あなたは「見解書」を作成したことがありますか? 普段の生活ではあまり馴染みがないかもしれま…
  2. バースデープレゼントに手書きのカードが 添えられていると、 祝ってくれた人の真心が感じられます。…
  3. お通夜に参列すると、会葬礼状などと一緒に、塩の入った小さな袋を貰った事ありますよね。 あの…
  4. ダイエットに大切なのは、 ローカロリーで栄養バランスの 取れた食事を摂ることです。 特…
  5. 冬になると、風邪だけではなく、いろいろなウイルスが流行しますよね。 特に注意したいのがイン…

カテゴリー

旬な話題をチェック!

  1. フェルティミシンは市販のフェルトが使えない?糸を使わない仕組みと価格

    小さい女の子は縫い物に興味を持つものです。 親としては裁縫も学んでもらいたいのですが、 …
  2. バレンタインのチョコに添えるかっこいい英文メッセージ【友達、彼氏編】

    2月の大イベントと言えばバレンタインデー。 14日に向けての準備が何かと忙しいですよね。 …
  3. 【大学の謝恩会】ドレス以外の女性の服装|スーツ、振袖を着る際の注意点

    大学生活もあと少し、もうすぐ卒業ですね。 卒業式や謝恩会に何を着て行こうかという楽しい悩み…
  4. 結婚式で花嫁から両親への手紙を読むときによく使われるBGMまとめ

    結婚披露宴最大の山場「両親への手紙」 結婚式で何が印象的だった? と問えば、大多数が両親…
  5. 初心者におすすめ!レインボールームブレスレットの簡単な作り方

    あなたはレインボールームをご存知ですよね? 子供から大人までハマっている人 続出の人気の遊び…
  6. 忘年会の乾杯挨拶2017|乾杯の挨拶は誰にお願いするべき?例文まとめ

    忘年会の幹事をしたことありますか? 場所決めや出欠など、たくさんの仕事がある上に 細部まで気…
  7. 【2016冬のボーナス】公務員と民間企業の支給日と手取りを比較

    冬が近づくと楽しみなのが、ボーナスですよね? 一般的に、夏のボーナスよりも多くもらえるのが…
  8. 2017年成人式メイクはコレ! かわいいと注目のちょい派手にする方法

    2017年成人式ももうすぐですね。 もう、成人式用のメイクを決めて練習されている頃でしょうか。…
ページ上部へ戻る