バストアップにお灸がおすすめの理由と効果のあるツボ|熱くないの?

この記事の所要時間: 337

58cab55473eb449262f4161c50badf42_s (1)
本格的な夏に向け、素敵なボディラインを目指して
日々努力されている方も多いのではないでしょうか。

「バストアップしたい!」

という理由からストレッチやマッサージを
毎日続けているもいらっしゃいますよね?

しかし、

「一生懸命マッサージしているのにさっぱり効果が表れない・・・」

などとお悩みの方も多いはずです。

スポンサードリンク

では、マッサージやサプリメントを試したが効果が出ない場合、
他にはどのようなバストアップ手法があるでしょう?

出来ればあまり時間をかけず、
確実に効果がある手法を知りたいですよね?

という事で今回は、
「マッサージやサプリ、ストレッチなどでは物足りない」
と言う方にとっておきのバストアップ方法をご紹介したいと思います。

その方法とは、「お灸」です。

「えっ、お灸がバストアップに効果があるの?」
「難しそうだけど、自分でできるのかな?」

そんな疑問や不安をすぐに解消できるよう、
お灸についてのあれこれをわかりやすくをご紹介致します。

バストアップの効果を上げる一押しに、ぜひ挑戦してみてくださいね!

バストアップにお灸は効くの?おすすめの理由をご紹介

まず、「何故お灸がバストアップに効果があるの?」
という疑問点を解消していきますね。

お灸は、体に多数点在するツボを温めることによって
体調を整え、病気を防ぐための健康法です。

多数存在するツボの中には女性ホルモンの分泌を活性化させるといわれているツボがあります。

そのツボをお灸で刺激し、バストアップを図ると言うわけですね。

バストアップに有効なツボとして有名なのは、
「血海(けっかい)」と「三陰交(さんいんこう)」の2つです。

血海は膝の内側から指4本分上のあたりに、
三陰交はくるぶしから指4本分上にあります。

どちらも、古くから冷え症や生理不順など、
女性に特有の不調に効果があるといわれてきたツボです。

この2つのツボにお灸をすえることで、
女性ホルモンの分泌を促すことができるのです。

ツボの探し方は、次の動画で確認してくださいね。

↓↓↓血海の探し方

↓↓↓三陰交の探し方

この2つのツボの他にも、
バストアップを手助けしてくれるツボがいくつもあります。

バストアップに効果があるツボやツボを押す時の注意点はコチラのサイトがおすすめです。
【胸が大きくなるツボ8選】指圧や鍼で効果的にバストアップ!

マッサージやサプリの効果をアップさせるのは、体そのものが持つ力です。

正しいツボの位置にお灸をすえて、
体の内側から素敵なボディを作りましょう!

スポンサードリンク

お灸は熱くない?正しいお灸のすえ方をご説明

ツボの上に置いたイグサに火をつけるお灸に、
「熱くてつらい」というイメージがあって、敬遠している方も多いのでしょう。

でも、お灸の目的は、病気を予防し、体を健康に保つことです。

健康のために、やけどしそうな熱さを我慢しなければならないなんて本末転倒なのです。

お灸はツボを「温める」ものなので、
熱さを我慢する必要はないのです。

お灸の使い方を動画で解説しています。

最近では、火を使わないお灸も市販されていますよ。

せんねん灸 太陽 火を使わないお灸 24コ入/せんねん灸/お灸 火を使わないタイプ/税込1880円以上...

せんねん灸 火を使わないお灸 24コ入/
価格:1,737円(税込、送料別)

火を使うことに抵抗がある方は、
こうしたアイテムで効果を試してみるのもおすすめです。

なにごとにも、無理な我慢は禁物です。

「お灸は熱いもの」という先入観を一度捨てて、
「ツボを温めてみよう」という気持ちで、始めてみてくださいね。

まとめ

女性ホルモンの分泌を促し、バストアップだけではなく、
ダイエットや美肌にも効果が期待できるお灸。

上手に正しく使えば、女性の美と健康を保つための強い味方になってくれます。

「やってみようかな?」

そう思っている人はぜひ一度、軽い気持ちで試してみてくださいね!

★おすすめ関連記事★

お風呂でたった5分!自宅で簡単に出来るバストアップ方法まとめ
スポンサードリンク

ピックアップ関連コンテンツ

関連記事

ピックアップ記事

  1. シルバーウィークと言えば、 ゴールデンウィークに続く大型連休。 普段行けないような場所に…
  2. もし自分の子供が万引きをしてしまったら・・・ 大きなショックを受け、動揺し、どうしていいの…
  3. いよいよ年末が押し迫って来ましたね。 クリスマスやお正月が楽しみになってきた今日この頃…
  4. 「今日は寒いね。」 学校や職場で「寒いね」と挨拶代わりに 声をかけあうくらい、朝夕は冷え…
  5. ダイエットに大切なのは、 ローカロリーで栄養バランスの 取れた食事を摂ることです。 特…

カテゴリー

旬な話題をチェック!

  1. フェルティミシンは市販のフェルトが使えない?糸を使わない仕組みと価格

    小さい女の子は縫い物に興味を持つものです。 親としては裁縫も学んでもらいたいのですが、 …
  2. 【引っ越し先の挨拶】タオルはどこで買うの?金額相場とのしの書き方

    年末から4月くらいまでは、進学や就職、転勤などが多い時期です。 新規一転、住み慣れた土地を…
  3. 寝ている時ふくらはぎがつる原因と予防方法|妊婦が足をつった場合は?

    「ぐっすり眠っていたのに、突然ふくらはぎがつって飛び起きてしまった」 という経験はありませ…
  4. 初日の出の時間2017年予想!東京、大阪、静岡のおすすめスポットは?

    元旦の朝は、どのように過ごしていますか? 私は毎年、初日の出をみる為に、 年越しのお酒は控え…
  5. ワインオープナーがない時のコルクの開け方!意外と知らない缶切りで開ける方法

    最近のワインボトルはコルクでなく、 ねじ式で開くワイン(スクリューキャップ)も出回っています。…
  6. 膝の痛みや股関節痛でしゃがめない!自宅で簡単に改善する3つの方法

    「膝が痛くて、しゃがむのが辛い・・・」 「股関節が痛くてうまく正座する事が出来ない・・・」 …
  7. 賞味期限が一週間過ぎた豆腐のおいしい食べ方|捨てる時の目安は?

    冷蔵庫に入れっぱなしにしていると、ついつい忘れがちになる賞味期限。 特に豆腐は足が早く、気…
  8. 肩こりによく効くヨガのポーズをご紹介♪実践者の効果や口コミは?

    「肩こり」と一言で言ってしまうと 軽く聞こえるかもしれませんが、 重症の方の場合はとてもつら…
ページ上部へ戻る