急性胃腸炎の予防法|キスでうつるの?妊婦が感染した時の対策

この記事の所要時間: 441

e61b50b2b0243a056b8ac9e4160af227_s (1)
急性胃腸炎に感染すると、嘔吐や下痢でかなり辛い思いをします。

身の回りの人がウイルス性の急性胃腸炎に感染すると、

「ひょっとしたら私にもうつるのでは・・・」

などと、心配する方も多いのではないでしょうか?

特に小さいお子さんや妊婦さんがいるご家庭では予防がとても重要です。

では、急性胃腸炎を予防するにはどのような点に注意すべきなのでしょう?

本記事では急性胃腸炎の感染経路や予防法と万が一妊婦さんが感染した時の対策などをまとめました。

スポンサードリンク

急性胃腸炎はキスでうつるって本当?感染経路をわかりやすく

bsPAK83_pockygamegirigiri20140321 (1)
感染性の胃腸炎は、ウイルスが原因で発症します。

一般的に知られているウイルスでは、ノロウイルス、ロタウイルス、アデノウイルスなどが有名です。

これらのウイルスの感染経路は、ほとんどが経口感染です。

つまり、ウイルスが口から入ってくるということなのです。

とても感染力が強く、知らないうちに感染してしまうのが怖いところ・・・

ウィルスの感染経路は?

感染経路にはいろいろありますが、ウイルスが含まれる便や嘔吐物から人の手などを介して二次感染するというのが多いようです。

例えば、胃腸炎に感染した子供のトイレの世話や嘔吐物の処理をした母親が、手洗いを十分できていない状態で料理を作ったり、食事をしたりした場合などです。

また、嘔吐物などの処理が十分でないと、乾燥した後ウイルスが舞い上がり、空気と一緒に吸い込んでしまう場合もあります。

ふき取った後は必ず消毒液をかけておきましょう。

 

人から人への飛沫感染というのもあります。

感染者が咳やくしゃみをして唾が飛び散り、それが口や鼻などの粘膜に直接触れて感染するのです。

ですから、「キスをするとうつる」というのは本当です。

飛沫した唾でうつるのですから、直接口と口をくっつけてしまうと、うつる確率は高くなりますよね。

胃腸炎が治るまではキスは我慢したほうがいいでしょう^^

感染経路は他にも、ウイルスを持った食べ物や飲み物を十分加熱しないで食べた場合などがあります。

外食をする機会も考えると、いくら気をつけても予防しきれないことがあるというのが現実です。

スポンサードリンク

急性胃腸炎の予防方法

5822575a9196bd55b7300bceafc510c2_s (1)
急性胃腸炎の予防法で最も重要なのは、手洗いです。

胃腸炎に限らず、風邪やその他のウイルスを予防する上でも基本的なことですね。

でも、正しく手洗いができていない人は意外と多いものです。

毎日のことで馴れてしまって、適当に済ませていませんか?

こちらの動画で、正しい手洗いの方法を確認してみましょう。

洗う時には、指や爪の間、親指の周り、手首もよく洗います。

目安は30秒です。

トイレに行った後や、料理をする前、食事の前には、特に念入りに洗いましょう。

よく洗った後は、消毒液を使うことも忘れないようにします。

また、胃腸炎に感染した人の便や嘔吐物を処理する時は、使い捨て手袋やマスク、エプロンを付けることも重要です。

・カキなどの二枚貝を料理する時は十分に加熱すること
・感染者が使った食器や洋服を洗う時には消毒すること
・感染者がうがいや嘔吐した場所を消毒すること

等も、予防には有効です。

妊婦が急性胃腸炎にかかった時の対策!胎児への影響は?

44fedddd5faada2c3e4410219a64b594_s
いくら気をつけていても、胃腸炎に感染するリスクは0にはなりません。

感染してしまった場合には、

・食事を摂らない
・水分をこまめに摂る

などの対応が必要です。

では、もし妊婦さんが急性胃腸炎に感染してしまった場合はどうしたらいいのでしょう?

急性胃腸炎は下痢と嘔吐の症状が酷いため、まず胎児への影響を心配すると思います。

でも、ウイルス自体は、胎児に影響を与えることはないと言われています。

胎児にうつるとか、奇形の原因になるということもないので大丈夫です。

ただ心配なのは、下痢や嘔吐などでお母さんの体力が低下してしまうことです。

できるだけ安静にして、家族に手助けをしてもらうようにしましょう。

水分を十分に摂り、脱水症状にならないように気を付けます。

薬局などで売っている経口補水液がおすすめです。

脱水症状による水分を補うための飲み物ですので、胃腸炎になったときには最適ですね。

また、妊婦さんには病院での検診が欠かせませんが、胃腸炎に感染した場合、少し回復したとしても病院に行くのは控えた方がいいでしょう。

他の妊婦さんにうつしてしまっては大変です。

集団感染の可能性を考えて、来院しないように指導する病院もあるので、完治後どれくらいで行ってもいいかを事前に確認した方がいいですね。

まとめ

急性胃腸炎の予防方法と妊婦さんが感染した時の対策をわかりやすくご紹介しました。

冬の乾燥した時期には、胃腸炎だけでなく、いろいろなウイルスが流行します。

できるだけ感染しないように気をつけて、元気に冬を乗り切りましょう!

★おすすめ関連記事★
急性胃腸炎の原因と初期症状をわかりやすく!簡単な食事レシピもご紹介♪
スポンサードリンク

ピックアップ関連コンテンツ

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「彼氏に心のこもったクリスマスプレゼントを送りたい!」 と思ったらやっぱり手作りですよね? …
  2. 「今回は絶対に痩せる!」 今ダイエットを頑張っているあなたへ。 頑張る女性にとって、…
  3. ダイエットに大切なのは、 ローカロリーで栄養バランスの 取れた食事を摂ることです。 特…
  4. 「今日は寒いね。」 学校や職場で「寒いね」と挨拶代わりに 声をかけあうくらい、朝夕は冷え…
  5. 友達同士で集まると、「旅行がしたい!」 という話題で盛り上がることが多々あります。 だけ…

カテゴリー

旬な話題をチェック!

  1. 鼻のかみすぎで耳や頭が痛い原因と対処法!中耳炎になるのは本当?

    冬は風邪が大流行する季節。 「風邪を引いて鼻水が止まらない」とお悩みになっている方も多いの…
  2. 寝ている時ふくらはぎがつる原因と予防方法|妊婦が足をつった場合は?

    「ぐっすり眠っていたのに、突然ふくらはぎがつって飛び起きてしまった」 という経験はありませ…
  3. 【クリスマスプレゼント】彼女が欲しいブランドマフラーはコレ!年代別まとめ

    クリスマスプレゼントの定番と言えば、マフラーですよね。 プレゼントする方は、サイズを気にせ…
  4. 手抜きでOK!バレンタインの義理チョコを安く簡単に済ませるコツと作り方

    バレンタインは好きな人にチョコレートをあげる楽しい日♪とは限りません。 この時期は会社など…
  5. 【2016冬のボーナス】公務員と民間企業の支給日と手取りを比較

    冬が近づくと楽しみなのが、ボーナスですよね? 一般的に、夏のボーナスよりも多くもらえるのが…
  6. 高校生卒業旅行国内おすすめ人気ランキング2017!気になる予算は?

    「高校生活最後の思い出に卒業旅行に行こう!」 高校を卒業すると友人たちとは離れ離れになることで…
  7. 子供の褒め方がわからない|子供をやる気にさせる上手な褒め方とダメな例

    子育ては難しいものです。 毎日子供と一緒にいると、つい叱りすぎてしまったり、甘やかしてしま…
  8. 【ハロウィン】簡単でかわいい♪ショートにおすすめのヘアスタイル

    日本でもビックイベントのひとつとなったハロウィン。 10月31日は、趣向を凝らして様々な方…
ページ上部へ戻る