母の日にカーネーションを贈る意味と由来|花言葉を色別でわかりやすく

この記事の所要時間: 40

5月の第2土曜日は、「母の日」ですね。

お母さんへの感謝の気持ちをこめて
贈られるのが、カーネーションの花。

花屋さんの店先には、赤を中心に、
さまざまな色のカーネーションが並んでいます。

スポンサードリンク

母の日には、赤いカーネーションを贈るというのが定番ですね。

⇒でも実は、カーネーションは色によって
それぞれ異なった花言葉をもつ花です。

 

今年は、赤いカーネーションとともに、
特別な気持ちを添えて贈ってみませんか?

お母さんに花言葉を教えてあげると、
きっととても喜んでもらえますよ!

母の日にカーネーションを贈る意味と由来

884adacc1a531ee0c0908f924772fad1_s
母の日にカーネーションを贈る習わしは、
1907年5月12日にアメリカで生まれました。

アンナ・ジャービスという女性が亡き母を偲び、
教会で母の好きだった白いカーネーションを捧げたのが始まりと言われています。

アンナの母への思いに共感と感動を覚えた
人々が、翌年の1908年に教会に集まり、
母子で祝ったのが、最初の母の日です。

このとき、
アンナが白いカーネーションを参加者に贈ったことから、
白いカーネーションは母の日のシンボルになりました。

 

アメリカで5月の第2日曜日を「母の日」
とする法律が可決されたのは、1914年のこと。

当初は、母が故人の人はアンナと同じように白いカーネーションを、
母が存命の人は赤いカーネーションを胸に飾っていたそうです。

現在では、赤にこだわらず、
さまざまな色のカーネーションが選ばれています。

でも、白だけは亡くなった母を偲ぶ花とされています。

なので、贈る際には避けたほうがいいですね。

スポンサードリンク

カーネーションの花言葉をご紹介

f44e9f8b3548dff5eae56f32ca061b22_s
赤いカーネーションの花言葉でよく知られているのは、「母への愛」です。

母の日にぴったりですね。

でも、素敵な花言葉をもつ、
他の色のカーネーションもあるのです。

表にまとめてみましたので、
今年のカーネーション選びの参考にしてくださいね。

いくつかの色を組み合わせて、
ブーケにするのも華やかで素敵です。

花言葉
濃い赤私の心に悲しみを/欲望/情熱
愛情/母への愛/真実の愛/愛を信じる
ピンク感謝/暖かい愛/上品/気品
オレンジ純粋な愛情/清らかな慕情
気品/誇り
永遠の幸福
黄色軽蔑/嫉妬/愛情の揺らぎ
尊敬/純潔の愛/あなたへの愛は生きている/愛の拒絶

あまり濃い赤は、優しいお母さんの
イメージには合わないので避けたほうが無難です。

母の日に贈る色としておすすめなのは、
赤・ピンク・オレンジ・紫・青などですね。

お母さんへの気持ちにぴったりの色を
選んで、喜ぶ顔を見せてもらいましょう。

【母の日2015】通販で今すぐ購入出来る人気カーネーション

実家を離れていて、母の日に直接
カーネーションを渡せないという方は、通販を利用しましょう。

カーネーションの色や花束のサイズ
なども選べて、メッセージも添えられます。

今からでも予約できる、おすすめのカーネーションをご紹介します。
じっくり時間をかけて選んでくださいね。

世界初!“青色”カーネーション“ムーンダスト”のクランツブーケ

青いカーネーションの花言葉は「永遠の幸福」。

濃淡の組み合わせの美しい、青いカーネーションのブーケです。

 

カーネーション(赤色) 5号鉢サイズ

母の日の定番、鮮やかな赤いカーネーションの鉢植え。

切り花よりも、長く楽しんでもらえますよ。

 

プリザーブドフラワー カーネーション

場所を取らないサイズの、かわいらしいプリザーブドフラワーです。

生花を加工してあるから、
自然な色合いをそのまま、
ずっと楽しむことができます。

まとめ

母の日にカーネーションを贈る意味や由来。

カーネーションの花言葉をご説明させて頂きました。

「改まって親孝行するのは照れ臭いけど、いつも感謝してる」
という気持ちは伝えたい。

母の日は、そんな気持ちを表せる絶好のチャンスですね。

お母さんの笑顔を思い浮かべながら、
ぴったりのカーネーションを選んであげてください。

スポンサードリンク

ピックアップ関連コンテンツ

関連記事

ピックアップ記事

  1. [caption id="attachment_4420" align="aligncenter" …
  2. 大学生活最後の大イベント、謝恩会。 楽しみにしている人も多いことでしょう。 でも…
  3. 「もしも我が子がインフルエンザにかかったら・・・」 インフルエンザに幼い子供がかかった場合…
  4. 「この人と、毎日一緒にいたい」 お互いにそう思えたら、 次のステップに進むのはとても自然なこ…
  5. 身内に不幸があった年は年賀状を出さない。 喪中の場合年賀状を出さないのは常識として、みなさ…

カテゴリー

旬な話題をチェック!

  1. バストアップに効果!一分で出来るツボ押し法【動画】|痛くないの?

    「時間やお金をかけず、簡単にバストアップ出来る方法があったらいいのに」 自分の胸にコンプレ…
  2. 幼児もスマホ中毒!おもちゃ代わりに遊ばせるスマホの悪影響とは?

    スマホは、場所を選ばずにテレビやネットの動画を見ることができます。 ゲームアプリの種類も豊…
  3. 賞味期限が一週間過ぎた豆腐のおいしい食べ方|捨てる時の目安は?

    冷蔵庫に入れっぱなしにしていると、ついつい忘れがちになる賞味期限。 特に豆腐は足が早く、気…
  4. クリスマスプレゼントを彼氏がくれない理由とさりげなく催促する方法

    「どうしてクリスマスプレゼントくれないの?」 楽しみにしていた大好きな彼とのクリスマス。 …
  5. 手抜きでOK!バレンタインの義理チョコを安く簡単に済ませるコツと作り方

    バレンタインは好きな人にチョコレートをあげる楽しい日♪とは限りません。 この時期は会社など…
  6. 2016年GW渋滞予想!首都高、東名、中央道のピークはいつ?

    2016年ゴールデンウィークが近づいてきましたね。 旅行の予定を立て、心待ちにしている方も…
  7. 【ハロウィン】簡単でかわいい♪ショートにおすすめのヘアスタイル

    日本でもビックイベントのひとつとなったハロウィン。 10月31日は、趣向を凝らして様々な方…
  8. 【2016冬のボーナス】公務員と民間企業の支給日と手取りを比較

    冬が近づくと楽しみなのが、ボーナスですよね? 一般的に、夏のボーナスよりも多くもらえるのが…
ページ上部へ戻る