子供が熱中症にかからない為には?食事や飲み物で簡単に予防する方法

この記事の所要時間: 459

b5499c01c8ce1822d504bfb4317d8bd8_m (1)
暑い夏、日差しが厳しい季節です。

「エアコンの効いた涼しい屋内でのんびり・・・」
できたらいいですよね。

小さなお子さんのいる世のお母さんたちには、
そんな優雅な時間は許されません。

「ねーお母さん、公園連れてって」
などと、お子さんに外に連れてってとせがまれる事はありませんか?

「ちょっとこんなクソ暑い日に勘弁してよ・・・」

と内心思っていても、
子供の外遊びに付き合わなくてはならない時もあります。

どんなに暑くても、どんなに紫外線が強くても・・・

そして、暑ければ暑いほど熱中症の危険が高まります。
なので、気を抜くこともできません。

スポンサードリンク

万が一お子さんが熱中症にかかったら大変ですよね?
幼い子供の場合は、最悪は死に至るケースもあります。

子供は自分で身を守ることができない分、
大人がしっかり対策してあげなければなりません。

という事で今回は、
これからの季節は絶対に気をつけなくてはならない
子供の熱中症対策と普段の食生活で予防する方法をまとめました。

お子さんが真夏に外出(外遊び)する時に気をつける事

お子さんが外遊びする時、気をつけるべきポイントをまとめました。

これさえ押さえておけば大丈夫です。

こまめに水分を摂る

もはや常識となっていますが、
こまめな水分補給が一番大切です。

真夏は水よりも、塩分と糖分を同時に補給できるスポーツドリンクの方が適しています。

ドラッグストアなどに置いている子供用のものや、
普通のスポーツドリンクを薄めたものを用意しましょう。

普通の水道水を飲ませる場合は、
糖分は小さなラムネ、塩分は塩飴で補うこともできます。

帽子をかぶる

直射日光に当たらないために、帽子は必須です。

暑いので嫌がる子も多いのですが、
「帽子をかぶらないとお外に連れていかない」
くらいに徹底した方がよいでしょう。

涼しい服装

熱が中にこもらないように、
洋服は吸水性・通気性のよい軽い洋服を選びましょう。

休憩中に着替えたり、
洋服をゆるめて熱を逃したりなどの工夫も大切です。

休憩する

炎天下で長時間走り回るのは禁物です。

時間を決めて、日の当たらない木陰などで休憩させるようにしましょう。

体を冷やす

保冷効果のあるスカーフやタオルなど、
子供ようのものも多く売り出されていますね。

首や脇の下などを冷やすと、
効率よく体を冷やすことができます。

普段の食事から熱中症を予防するには?

384e6f4319c77d71f263a18cb0dc5d43_s (1)
毎日の食事でも、熱中症に負けない強い体作りを目指すことができます。

運動をした後や、熱中症予防のために
しっかり摂っておきたい栄養素は、
カリウム・ビタミンB1・クエン酸】です。

普段から気を付けて摂るようにしておくと、
もし熱中症にかかっても回復が早くなります。

では、カリウムやビタミンB1などを含む食材はどのようなものがあるのでしょう?

以下にまとめてみましたのでご参考にして下さい。

カリウムを多く含む食べ物
パセリ、のり、ひじき、バナナ、ホウレンソウ、小豆など

ビタミンB1を多く含む食べ物
豚肉、焼き豚、ウナギ、グリーンピース、海苔、大豆(乾)

クエン酸を多く含む食べ物
レモン、グレープフルーツ、梅干し、食酢、黒酢など

スポンサードリンク

熱中症対策にはどのような飲み物が最適か?

05ea1fe69ceaca10979d2a6d3c5b6b38_s (1)
万が一熱中症にかかってしまった場合は、
体を冷やすことが必要ですので、冷たい飲み物を飲ませます。

先にあげたスポーツドリンクや、
ミネラル入り麦茶などが良いでしょう。

参考:熱中症対策の飲み物を選ぶときのポイント|コンビニ人気商品ランキング!

また、最近では、オリジナルのドリンクを作って飲んでいる方も多いようです。

ネットでちょっと検索すると、
レシピがたくさん見つけられます。

自分や子供の好みの味にできますし、
簡単なのでお子さんと一緒に作ったりしても楽しいのではないでしょうか。

ここでは熱中症対策に注目されている「経口補水液」の作り方をご紹介致します。

一方、熱中症にかかる前の予防には、温かい飲み物が効果的です。

熱中症を予防するには、体の熱をどんどん外へ逃がしていくことが重要です。

体温が上がると、その分熱が逃げやすくなります。

なので、熱い飲み物を飲んで体を温めることも予防に繋がります。

また、ちょっと意外なようですが、
牛乳を飲むのも熱中症予防には効果的です。

運動した後に牛乳(たんぱく質)を摂ると
血液中にアルブミンという水分を保持する成分が作られます。

すると血液中に水分が引き込まれ、
血液量が増えることで熱を発散しやすくなり体温の上昇が防げるのです。

まとめ

子供が熱中症にかからない為の予防法
食事や飲み物で適切なものをまとめました。

対策にもいろいろな手段がありますね。

普段のケアから心がけていれば、
大切なお子さんを熱中症から守ることができます。

暑いから、熱中症が怖いからと
室内に引きこもっているのもよくありません。

しっかり対策をして、おこさんと楽しい夏をすごしましょう!

★おすすめ関連記事★
子供が熱中症になったら?対処法と病院に行くべき症状をチェック!

スポンサードリンク

ピックアップ関連コンテンツ

関連記事

ピックアップ記事

  1. いよいよ年末が押し迫って来ましたね。 クリスマスやお正月が楽しみになってきた今日この頃…
  2. 「お世話になった上司に思い出に残るプレゼントを渡したい!」 退職される上司の為に開かれる送…
  3. 春は入学の時期ですね。 この度見事大学に合格され、 大学生活を始めるあなたへ。 ご入学…
  4. 日本の三大祭りのひとつと言われる京都の祇園祭。 お祭りでは珍しく約一か月開催されることもあ…
  5. 高速道路の料金支払いをスムーズにしてくれるETCカード。 ドライブ好きな方や、 仕事でよ…

カテゴリー

旬な話題をチェック!

  1. 【女性のいぼ痔】原因と症状|押し込むと治るの?自宅で簡単に出来る治し方

    女性のいぼ痔は診察してもらうのが恥ずかしいので、すぐには病院に行きづらい病気です。 「いぼ…
  2. 【引っ越し先の挨拶】タオルはどこで買うの?金額相場とのしの書き方

    年末から4月くらいまでは、進学や就職、転勤などが多い時期です。 新規一転、住み慣れた土地を…
  3. オリーブオイルを使ってメイクを落とすメリットと正しい保湿の仕方

    一日の終わりのリラックスタイム。 メイクを落として素肌になった時の解放感は、一日の疲れを癒…
  4. 忘年会に参加したくない!職場、取引先、友人への上手な断り方

    忘年会シーズンは日本中でたくさんの飲み会が催されます。 みんなが一年でもっとも浮足立つ時期…
  5. 静電気除去ブレスレットおすすめはコレ!効果や仕組みをわかりやすく

    冬になると悩まされるのが、静電気です。 ドアを開けようとしてはパチン、 洋服を脱ごうとす…
  6. ヨガを始めたいあなたへ~初心者におすすめのポーズとエクササイズ方法~

    ヨガに興味を持っている方は多い事と思います。 健康のため、ダイエットのため、肩こりがひ…
  7. 【2016父の日】70代・80代のお父さんにおすすめのプレゼント5選

    祝日も長期の休みもない6月。 唯一の行事と言えば、「父の日」ではないでしょうか。 5月の…
  8. 幼児もスマホ中毒!おもちゃ代わりに遊ばせるスマホの悪影響とは?

    スマホは、場所を選ばずにテレビやネットの動画を見ることができます。 ゲームアプリの種類も豊…
ページ上部へ戻る