【子供の浴衣】今すぐ出来る簡単な帯の可愛い結び方をわかりやすく【動画】

この記事の所要時間: 410

小さな子供の浴衣姿は、
家族以外の人が見てもかわいらしく、
ほほえましいですね。

かわいい我が子に、いつもと違う装いで
お祭りや縁日を歩いた思い出を作ってあげたいもの。

浴衣には、大きな帯を結んであげると
特に女の子は大喜びしてくれます。

スポンサードリンク

 

だけど、帯の結び方って結構難しいんですよね。

例えば、
しっかりリボン結びで帯を結んだはずが、
時間が経ってくるとズレ下がってくる・・・

「お母さん帯が下がってきたからきちんと結んで!」

なんて、子供に指摘されて、
また結び直すも10分位でまた下がってくる・・・

 

もしくは初めて子供に浴衣を着せるので、
帯の結び方がよくわからないお母さんも多い事と思います。

ここはちょっと頑張って、
帯の結び方や素材にこだわってみませんか?

他の子と違った雰囲気を演出してあげましょう。

 

と言う事で今回は、
簡単にできる、可愛い帯の結び方をご紹介します。

子供が「毎日浴衣を着たい!」
と言ってくれるくらい、
気に入ってくれると思いますよ。

【子供の浴衣】基本的な帯の結び方をマスターしましょう

119293
子供の浴衣の帯は、兵児帯(へこおび)が一般的。

甚平を着せた男の子に帯を締めてあげると、浴衣っぽくなります。

兵児帯(へこおび)とは和服における男物の帯の一種。

以下の二様がある。

大幅(約74センチ)もしくは中幅(約50センチ)の縮緬地などをしごいて締めるもの。

出典:兵児帯 – Wikipedia

 

セパレートの浴衣に飾りとして
締めているのも、よく見かけますね。

セパレート浴衣(ゆかた)とは?

上下(トップスとボトムス)が分かれている浴衣を意味する語。

通常の浴衣よりも着付けが楽で、
着崩れが起こりにくいとされることもある。

出典:http://www.weblio.jp/

 

スタンダードに結ぶ場合の手順は、
この動画でわかりやすく教えてくれています。

ずり落ちない兵児帯の結び方

基本はリボン結びなので、とても簡単です。

出先で締め直すのも楽ですね。

「帯をうまく結ぶ自信がない」

というお母さんも、これならきっと、大丈夫!

何度か練習して、
自信を付けてくださいね。

スポンサードリンク

帯の結び方をアレンジして可愛さをアップする!

c4116dc722547353ef8b6031fd163bc7_s
帯の結び方をちょっとアレンジすると、
ドレスのように華やかになります。

特に女の子におすすめなのが、
ふわふわの生地で作った帯。

兵児帯にこだわらず、
お母さんのストールをリフォームして
帯にしてあげることもできます。

・「お姫様みたい!」
・「妖精の羽根みたい!」

そんなふうに子供が大喜びしてくれる、
可愛い帯の結び方をご紹介します。

簡単アレンジ 子供兵児帯 浴衣の帯の結び方

簡単なアレンジですが、
リボンがとてもキュートです。

帯を締めたあと、アクセントになりそうな
小物をクリップで止めてあげるのもいいですね。

子供浴衣の着せ方 帯の結び方

柔らかいオーガンジーの帯を2枚重ねて、
華やかで軽快なリボンができあがります。

帯を手作りするとき、
端にフリルやビーズで飾りを付けてあげると、
女の子らしさがアップします。

オーガンジー、シフォンを使った帯の作り方は、
こちらのサイトを参考にしてくださいね。
参考:浴衣ドレスの作り方★その3★帯&着付編

帯に付けるアクセサリーは、
クリップのついたバレッタなどでも代用できます。

子供のお気に入りの髪飾りを帯につけてあげると、
いつもと違う使い方にびっくりしながら喜んでくれますよ。

髪と帯に、浴衣にぴったりな
お揃いのアクセサリーを付けたら、
おしゃれ度もぐんとアップしますね。

「和風のアクセサリーを手作りしたい!」

と思う方には、こうしたサイトも参考になります。

参考:mamaごとな・・・髪飾り

まとめ

子供の浴衣の帯の結び方について詳しくご紹介致しました。

是非お子さんの浴衣を着る際の参考にして頂ければと思います。

 

浴衣を着て、家族で繰り出すお祭りや縁日は、
子供たちにとってはパーティーのようなイベントです。

着付けや帯結びにちょっと手間はかかるけど、
いつもと違う装いに、大はしゃぎしてくれますね。

子供たちが

「次のお祭りはいつ!?」

と楽しみにしてくれるような、
楽しい夏の思い出を作ってあげてくださいね。

★おすすめ関連記事★
子供用セパレート浴衣の簡単な作り方|型紙がなくても作れる?

スポンサードリンク

ピックアップ関連コンテンツ

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「今日は寒いね。」 学校や職場で「寒いね」と挨拶代わりに 声をかけあうくらい、朝夕は冷え…
  2. 大勢の前で話をするはとても緊張します。 ひょっとしたらあなたも、人前で話をした時に声が震え…
  3. いよいよクリスマスが近づいてきました! 街にはイルミネーションが輝きだし、誰もがウキウキし…
  4. 「この人と、毎日一緒にいたい」 お互いにそう思えたら、 次のステップに進むのはとても自然なこ…
  5. 日本の三大祭りのひとつと言われる京都の祇園祭。 お祭りでは珍しく約一か月開催されることもあ…

カテゴリー

旬な話題をチェック!

  1. 通販(楽天)で購入出来るお歳暮ハム人気ランキング2016~2017

    お歳暮の贈り物の定番といえばハム。 でも、一言で「ハム」と言っても 種類が沢山あり過ぎてどれ…
  2. バストアップにお灸がおすすめの理由と効果のあるツボ|熱くないの?

    本格的な夏に向け、素敵なボディラインを目指して 日々努力されている方も多いのではないでしょうか…
  3. 【2016父の日】70代・80代のお父さんにおすすめのプレゼント5選

    祝日も長期の休みもない6月。 唯一の行事と言えば、「父の日」ではないでしょうか。 5月の…
  4. 【クリスマスプレゼント】彼女が欲しいブランドマフラーはコレ!年代別まとめ

    クリスマスプレゼントの定番と言えば、マフラーですよね。 プレゼントする方は、サイズを気にせ…
  5. フェルティミシンは市販のフェルトが使えない?糸を使わない仕組みと価格

    小さい女の子は縫い物に興味を持つものです。 親としては裁縫も学んでもらいたいのですが、 …
  6. 静電気除去ブレスレットおすすめはコレ!効果や仕組みをわかりやすく

    冬になると悩まされるのが、静電気です。 ドアを開けようとしてはパチン、 洋服を脱ごうとす…
  7. 初日の出の時間2017年予想!東京、大阪、静岡のおすすめスポットは?

    元旦の朝は、どのように過ごしていますか? 私は毎年、初日の出をみる為に、 年越しのお酒は控え…
  8. 成人式振袖に似合うヘアスタイル2017|ロング編

    [caption id="attachment_885" align="aligncenter" w…
ページ上部へ戻る