【子供の浴衣】簡単な男の子の着付けの仕方を動画でわかりやすくご紹介♪

この記事の所要時間: 42

活発に動き回る年頃の男の子のお母さんは、
子供の服におしゃれを求めるのは難しいですね。

「動きやすい服じゃないと、かえって危ない」
「汚したときに着替えがしやすくて、破れにくい服がいちばん!」

お子さんの服を選ぶ時もおしゃれよりも
実用性を基準にして選んでいるお母さんは多いはずです。

スポンサードリンク

でもたまには、いつもと違った装いでお出かけしたいと思いますよね?

特に夏のお祭りは普段着で行くより、
浴衣や甚平などを着せて子供と一緒に楽しみたい!

と思っているママさんも多い事と思います。

男の子の浴衣姿は、いつもと違う凛々しさを感じさせてくれます。

だけど、男の子は浴衣を着るのを嫌がる事もあります。

実際にうちの子も七夕の縁日に浴衣を着るのを嫌がり、
着せるのに結構苦労した事を今でも覚えています。

子供って一度嫌だと思うとなかなか意思を曲げないんですよね。

なので、

浴衣を着せようと思うときは、
あらかじめ着付けの仕方を学び、
子供が嫌がらないようスムーズに
作業出来るようになっておくといいですよ^^

という事で今回は、子供の浴衣の着付けの仕方をご紹介致します。

「着付けのとき、なかなかじっとしてくれない・・・」

そう思って諦めているお母さんのご参考になれば幸いです。

基本的な男の子の浴衣の着付けをご紹介

119292
「帯のいらないセパレートタイプの浴衣や
甚平を着せるのは簡単だけど、浴衣はちょっと難しい」

そんなイメージを持っているお母さんは多いと思います。

でも、七五三で着る着物と違って、
浴衣は襦袢もいらない簡単な着物です。

洋服が普及する前は、
寝間着としても使われていたほど肌着に近い服です。

少しルーズな着こなしのほうが
しっくりして見えるし、
粋を感じさせると思って大丈夫。

まずは、お父さんに練習台になってもらって、
着付けの手順を押さえてみてくださいね。

男性の浴衣の着付けの手順は、この動画がとても参考になります。

男子の浴衣の着方

「○○くん、今日はお侍さんになってみよう!」

そう言ってみたら、
子供も喜んで浴衣を着てくれると思いますよ。

スポンサードリンク

【子供の浴衣】男の子の帯の結び方は?

014923
浴衣姿の女の子は帯を大きなリボンにしたり、
お花にしたりとアレンジを楽しんでいます。

お子さんの浴衣のかわいい帯の結び方は下記記事でご紹介しています。
【子供の浴衣】今すぐ出来る簡単な帯の可愛い結び方をわかりやすく

でも、男の子にリボン結びは、
本人も恥ずかしがるし、ちょっと抵抗があります。

男の子の帯の結び方は、
「粋」や「男らしいシンプルさ」をテーマにしてあげましょう。

簡単で、締め直しも簡単な
基本の帯の結び方は「貝の口」という結び方です。

詳しい帯の掬び方は下記動画で解説しています。

男の帯の結び方 ~貝の口~

 

また、腰紐の結び方や
着崩れした時の直し方は
下記動画を参考にしてみるといいですよ。

男性の浴衣 腰ひもや帯の結び方、着崩れた時の直しは?

きゅっと小さく締めた帯が、
男らしさを演出してくれますね。

 

もっと粋に見せたいという場合は、
浪人結びと片わな結びという結び方がおすすめです。

時代劇の主役のような、ちょっと崩れた感じがありますよ。

男の帯の結び方 ~浪人結び~

 

少し大き目に結んで目立たせたい時は、片ばさみをおすすめします。

男の帯の結び方 ~片ばさみ~

色や柄ではなく、結び方でかっこよくキメるのが、男の子の帯ですね。

「どの結び方にする?」

と、親子で相談するのも、楽しい思い出になるはずです。

まとめ

男の子の浴衣の着付けの仕方や帯の結び方についてご紹介いたしました。

お揃いの浴衣を着たお父さんと違う帯の結び方をしてあげるのもオススメです。

みんなで記念写真を撮りたくなることでしょう。

和服と洋服の大きな違いは、
着るのに手間と時間がかかるところです。

それで、なんとなく敬遠しがちになってしまいますよね。

でも、浴衣を着るときの手間も、
子供たちにとっては新鮮な体験になります。

「はい、手を上げて」
「くるっと回って」
「ここを押さえていてね」

まるでゲームのように声をかけて、
楽しみながら、上手に浴衣を着付けてあげましょう!

★おすすめ関連記事★
子供用セパレート浴衣の簡単な作り方|型紙がなくても作れる?

スポンサードリンク

ピックアップ関連コンテンツ

関連記事

ピックアップ記事

  1. もし自分の子供が万引きをしてしまったら・・・ 大きなショックを受け、動揺し、どうしていいの…
  2. 日本でもハロウィンには、仮装をして楽しむ人が増えています。 「仮装はちょっと・・・」 …
  3. 「お世話になった上司に思い出に残るプレゼントを渡したい!」 退職される上司の為に開かれる送…
  4. シルバーウィークと言えば、 ゴールデンウィークに続く大型連休。 普段行けないような場所に…
  5. 「今日は寒いね。」 学校や職場で「寒いね」と挨拶代わりに 声をかけあうくらい、朝夕は冷え…

カテゴリー

旬な話題をチェック!

  1. バストアップにお灸がおすすめの理由と効果のあるツボ|熱くないの?

    本格的な夏に向け、素敵なボディラインを目指して 日々努力されている方も多いのではないでしょうか…
  2. ママが乳幼児を叱る時気をつける事と手を上げてしまった時のフォローの仕方

    子供の叱り方って難しいですよね? 特に乳幼児の場合、 なぜ叱られたのかがわからず、 恐…
  3. 高校生卒業旅行国内おすすめ人気ランキング2017!気になる予算は?

    「高校生活最後の思い出に卒業旅行に行こう!」 高校を卒業すると友人たちとは離れ離れになることで…
  4. 2018年仕事始めの挨拶|新年最初の挨拶の仕方とメール例文

    お正月休みをのんびり過ごした後は、新しい年のお仕事が待っています。 新年一発目の仕事は気持ち良…
  5. 【クリスマスネイル2016】簡単でシンプルなセルフネイルまとめ(画像付き)

    クリスマスの準備で忙しい今日この頃。 デートプランや服装はもうお決まりですか? 最近…
  6. クリスマスプレゼントを彼氏がくれない理由とさりげなく催促する方法

    「どうしてクリスマスプレゼントくれないの?」 楽しみにしていた大好きな彼とのクリスマス。 …
  7. 【香典袋】お香典の意味と渡し方|御霊前と御仏前の違いをわかりやすく

    訃報というのは突然もたらされるものです。 どんなに慌てても、忘れてはいけないのがお香典。 …
  8. ダイエット中の女性必見!生理中の過ごし方と食べ物や運動方法まとめ

    ダイエットに取り組んでいる女性にとって、 毎月の生理中をどう過ごすかは悩みどころですね。 …
ページ上部へ戻る