【深大寺だるま市2017】日程と見どころ!だるまの選び方と価格相場は?

この記事の所要時間: 645

image001
深大寺(じんだいじ)で古くから伝わる由緒あるお祭りの「深大寺だるま市」。

だるまを購入すると、お坊さんに開眼してもらえるお祭りとして全国的にも有名です

勿論、この記事をお読みになっているあなたも「深大寺だるま祭りの最新情報」を知りたいと思っているはず。

例えば、だるまの価格相場や今年の日程などはチェックしておきたいですよね。

そこで本記事では深大寺だるま市2017年の情報をまとめていきますので是非参考にして下さい。

スポンサードリンク

深大寺とは?所在地や歴史をわかりやすく

『深大寺』は、天台宗別格本山の寺院です

所在地は、東京都の調布市深大寺にあり、日本3大だるま市の一つ『深大寺だるま市』で有名なお寺です

深大寺の名は、天竺(てんじく)で修業した僧『玄奘三蔵』を守護した水神『深沙大王(じんじゃだいおう)』に因んで命名されたと伝わっています。

深大寺は733年(天平5年)『法相宗(ほっそしゅう)』の寺院として開設されましたが、後に『天台宗』に改宗されています。

1646年(正保3年)と1865年(慶応元年)の火災によって焼失しましたが、現在の本堂は大正時代に再建されたものです

なお、東京都では浅草『浅草寺』に次ぐ古刹で、本尊は『阿弥陀三尊像』としています。

深大寺一帯は、湧水が多い『国分寺崖線』の地域にあり、境内に複数の湧水源を持っていて、周囲には『水生植物園』や『わさび田』を擁する水を利用した施設があります。

なお、この付近の名物として名高い『深大寺そば』がありますが、湧水の恵みと無関係ではないと思われます。

因みに、深大寺の諸行事の中で最も盛大な行事は、梅が見ごろを迎える3月3日~4日に執り行われる『元三大師大祭(がんざんだいしたいさい)』ですが、同時に開かれる『深大寺だるま市』の人気と併せ、毎年10万人もの参詣者が訪れます。

深大寺だるま市の由来と起源

『達磨大師(だるまだいし)』は、『菩提達磨(ぼだいだるま)』とも呼ばれ、中国南北朝宋の時代頃に禅宗を広めた『インド人仏教僧』として知られています。

絵などで見ると“髭を生やし眼光鋭く耳輪を付け”、如何にも恐ろしそうな人物に描かれています。

インドから中国に渡った後は、少林寺で終日壁に向かって9年もの年月をひたすら『座禅三昧』で過ごしたことから、『面壁九年(めんぺきくねん)』との言葉が残されるくらい、禅宗の根本原理を悟った初祖として崇められています。

このような逸話から、修行に励み過ぎて手足が腐ってしまい、手足のない『達磨さん』になったという訳です

また、達磨さんは“七転び八起き”と喩えられように、“人生の奮闘ばなし”や“縁起ばなし”に使われます。

深大寺は、天台宗の寺院なので達磨大師とは所縁(ゆかり)があり、今から300年ほど前の江戸時代中期頃から、元三大師大祭と共に『だるま市』が行われるようになりました

深大寺のだるま市は、境内に特設された『だるま開眼所(かいげんしょ)』で“僧侶が直々に目入れ”をしてくれます。

この目入れは、インドの古い文字『サンスクリット語』といわれる梵字(ぼんじ)で書く深大寺独特のものです。

昔から、“意気がぴったり合う”という意味の『阿吽の呼吸』という言葉がありますが、“物事の始まり”を意味する『阿(あ)』という字を左目に書いて『開眼(かいげん)』してもらいます

1年間家に飾り置きし願いごとが達成できたら、“物事の終わり”を意味する『吽(うん)』の字を右目に入れ、翌年の元旦から3月4日までの間に感謝の意を込めて深大寺に納めます。

スポンサードリンク

深大寺だるま市2017年の日程とアクセス情報

深大寺のだるま市は、静岡県『富士のだるま市』と群馬県『高崎のだるま市』と並び、『日本三大だるま市』と称されています

因みに、調布市の深大寺周辺は、2010年(平成22年)3月29日から9月25日まで、NHKの朝ドラ『ゲゲゲの女房』の舞台となり一躍全国的に有名になりました。

深大寺のだるま市は、深大寺の境内に300以上の『縁起だるま屋台』が立ち並び、買い求める参詣者で溢れかえり身動きできないほどに大変な活況を呈します

なお、両日共、午後2時から『お練り行列』が始まりますので、混雑を避けその前にだるまを買い求めるのが賢明です。

だるま市の日程は、次の通りです

(1)開催日:2017年(平成29年)は3月3日(金)~3月4日(土)
(2)時 間:9:00~19:00
(3)場 所:大師堂前特設『開眼所』(達磨の目入れ)

アクセスマップ

深大寺だるま市の見どころはここ!

深大寺だるま市の最大の見どころは、両日の午後2時から執り行われる『お練り行列』と『百味献膳』の儀式です。

お練り行列は、『雅楽衆』を先頭に『木遣り衆』と『講中』に続き、『高僧』たちが煌(きら)びやかな袈裟を羽織って練り歩く行列は、平安絵巻を彷彿させる優雅さがあります

また、この儀式では、『比叡山』以外では聞くことが出来ない、雅楽と一緒に天台宗に古くから伝わる“お経に節を付けて歌う聲明(しょうみょう)”が唱えられます。

因みに、深大寺のだるま市では、午前10時~午後1時まで、午後3時15分~4時まで1日2回、煩悩を焼き祓う『護摩祈願』も行われています

悩みが多い方は、護摩焚きの『炎』を見るだけでもご利益があるかも知れません。

どのだるまを選ぶ?選び方と値段の相場

 

だるまを売る屋台は300店を超えますので、その中から“気に入った達磨を選ぶ”のは結構大変なことです

お値段の方は概ね大きさに比例して高くなりますが、安いもので数百円から高いものは数万円まで千差万別です

ただ、どこのお店でも値札は付いていても『定価』ありません。

兎に角、お店の売り子さんとの駆け引きで値段が決まります

また、どこのお店も“勉強するよ!”と掛け声をかけてくれますので、お店の『お兄さん(又はお姉さん)』と目が合ったらしっかり交渉して下さい。

縁起物ですから多少の無理は聞いてくれると思います。

むすび

深大寺だるま市の開催日は、周辺道路が規制されて深大寺通りは大変混雑します

自家用車で行く場合は、よほど地理感がないと大変な目に遭いそうですから、できるだけ公共交通機関を使う方便利で早く辿り着けます

因みに、深大寺に電車で行く場合は『京王線』の『調布駅』又は『つつじケ丘駅』から深大寺行バスが運行されています

★おすすめ関連記事★
スポンサードリンク

ピックアップ関連コンテンツ

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「ハロウィーンと言えばディズニー!」 というのが定着してきましたね。 秋のディズニーリゾ…
  2. 「彼氏に心のこもったクリスマスプレゼントを送りたい!」 と思ったらやっぱり手作りですよね? …
  3. 大勢の前で話をするはとても緊張します。 ひょっとしたらあなたも、人前で話をした時に声が震え…
  4. 9月は運動会シーズン。 お子さんの運動会、楽しみですね。 でも中には、保護者代表の挨拶を…
  5. 身内に不幸があった年は年賀状を出さない。 喪中の場合年賀状を出さないのは常識として、みなさ…

カテゴリー

旬な話題をチェック!

  1. 幼児もスマホ中毒!おもちゃ代わりに遊ばせるスマホの悪影響とは?

    スマホは、場所を選ばずにテレビやネットの動画を見ることができます。 ゲームアプリの種類も豊…
  2. 初心者におすすめ!レインボールームブレスレットの簡単な作り方

    あなたはレインボールームをご存知ですよね? 子供から大人までハマっている人 続出の人気の遊び…
  3. 二重あごが気になる方必見!超簡単に治す方法とは?原因とガムの効果も検証

    「えっ?以前と雰囲気変わったね・・・」 ふとした時、長年仲良くしている友人の横顔がとて…
  4. 鼻のかみすぎで耳や頭が痛い原因と対処法!中耳炎になるのは本当?

    冬は風邪が大流行する季節。 「風邪を引いて鼻水が止まらない」とお悩みになっている方も多いの…
  5. 忘年会に参加したくない!職場、取引先、友人への上手な断り方

    忘年会シーズンは日本中でたくさんの飲み会が催されます。 みんなが一年でもっとも浮足立つ時期…
  6. 静電気除去ブレスレットおすすめはコレ!効果や仕組みをわかりやすく

    冬になると悩まされるのが、静電気です。 ドアを開けようとしてはパチン、 洋服を脱ごうとす…
  7. ダイエット中の空腹感を抑えたい!今すぐ紛らわす方法とは?

    「あーおやつが食べたい!」 「美味しいものをお腹いっぱい食べたいよー」 痩せるためとはい…
  8. ヨガを始めたいあなたへ~初心者におすすめのポーズとエクササイズ方法~

    ヨガに興味を持っている方は多い事と思います。 健康のため、ダイエットのため、肩こりがひ…
ページ上部へ戻る