冬至にかぼちゃを食べる理由と由来は?煮付け以外のおすすめレシピ

この記事の所要時間: 340

秋になり、だんだん日が短くなってきました。

一年の中で一番昼間の短い日を冬至といいますね。

今年の冬至は12月22日です。
あなたはどのように冬至を過ごしますか?

スポンサードリンク

「冬至の日には必ずかぼちゃを食べる」という方も多い事と思います。

では、何故冬至の日にはかぼちゃを食べるのでしょう?
また、何時頃からこのような風習ができたんでしょうね。

と言う事で、
冬至に食べるかぼちゃ」についての素朴な疑問にお答えしていきたいと思います。

冬至にかぼちゃを食べるようになった時期と理由

image003日本には冬至にかぼちゃを食べる習慣がありますよね。

これは江戸時代の頃から始まったと言われています。

昔は冬至の頃になると秋野菜の収穫が終わり、
食べられる野菜が少なくなります。

今みたいにスーパーで年中好きな野菜が
購入出来る訳では当然ありませんでした。

冬時期に食べれる少ない野菜の中で、
栄養豊富で保存のきく食材だったかぼちゃを食べて、
「病気や風邪を予防して元気に冬を越そう!」

という昔の人の知恵からかぼちゃは大切に食べられていました。

冬至の日にかぼちゃを食べるのは、その時期に食べられる野菜が少なかった事。
かぼちゃは栄養素が高く、冬を元気に過ごす為の願いを込めて
多くの庶民に食べられるようになったのが風習のようですね。

現在ではかぼちゃには高い栄養価があり、
「風邪の予防になりやすい」という裏付けを基に、
健康を保つ為の願いを込めて冬至にかぼちゃを食べます。

地域によっては、「冬至かぼちゃ」は朝のうちに食べるとよいとか、
午前10時に食べるとよいというところもあるようですね。

スポンサードリンク

冬至の日にかぼちゃを食べるようになった由来

冬至にかぼちゃを食べるようになった由来にはいくつか説があります。

ひとつはかぼちゃを輪切りにした時に中身が太陽のように見える為、
夏に輝いている太陽の力を集めて実ったかぼちゃを食べて
冬を超える力を得ようとしたことに由来しているという説です。

もうひとつは、かぼちゃの中身が邪気を払う力があると信じられていた
「黄金」色をしていていた為です。

その力を借りようと考えついたのが由来しているという説です。

両方の説とも、
「見た目や言い伝えからかぼちゃがよい!」
と考えられたのですね。

今年の冬至はコレで決まり!かぼちゃオススメレシピ

冬至に食べるかぼちゃと言えば煮たものが多いと思いますが、
ここでは煮物以外のオススメレシピをご紹介したいと思います。

かぼちゃとツナのコロッケ

image006材料

かぼちゃ1/4、タマネギ1/2、ツナ缶1缶、塩こしょう少々、ナツメグ少々、とろけるチーズ適量、薄力粉、溶き卵、パン粉適量

作り方

①タマネギをみじん切りにして水にさらしておく。
②茹でたカボチャに油を切ったツナと水気を切ったタマネギを加え、塩こしょう、ナツメグで味をつけて混ぜ合わせる。
③②が冷めたら適量を手のひらに取り、真ん中にとろけるチーズを入れて丸める。
④薄力粉、溶き卵、パン粉の順に衣をつける。
⑤180℃の油で上げ、表面がキツネ色になったら出来上がり。
かぼちゃのスープ

image008材料

かぼちゃ1/2、タマネギ1個、にんにく1かけ、コンソメ3個、水500cc、牛乳200cc、バター10g、塩こしょう適量

作り方

①かぼちゃとタマネギ、ニンニク、コンソメを沸騰したお湯に入れ、柔らかくなるまで煮る。
②柔らかくなった①を煮汁と一緒にミキサーに入れ、牛乳を加えてミキサーにかける。これを3回ぐらいに分けておこないます。
③②を鍋に戻して弱火にかけ、バター、塩こしょうで味を整えたら出来上がり。

まとめ

冬至の日に食べるかぼちゃについて色々まとめてみました。

先程も申し上げたように、冬至にかぼちゃを食べるのは健康への願いからだったんですね。

また、冬至の日に使えるレシピもご紹介しておきましたので
是非ご参考にして頂ければ幸いです。

冬至にかぼちゃを食べて、家族みんなが健康で過ごせるようにしていきたいですね。

★おすすめ関連記事★
2014年は朔旦冬至!今年の冬至はいつ?昼の時間が一番短いのは本当?

スポンサードリンク

ピックアップ関連コンテンツ

関連記事

ピックアップ記事

  1. 冬になると、風邪だけではなく、いろいろなウイルスが流行しますよね。 特に注意したいのがイン…
  2. 大学生活最後の大イベント、謝恩会。 楽しみにしている人も多いことでしょう。 でも…
  3. いよいよ年末が押し迫って来ましたね。 クリスマスやお正月が楽しみになってきた今日この頃…
  4. 口の中に違和感や痛みを感じると、「またか!」と思ってませんか? 口内炎ができやすい人は、何…
  5. 日本の三大祭りのひとつと言われる京都の祇園祭。 お祭りでは珍しく約一か月開催されることもあ…

カテゴリー

旬な話題をチェック!

  1. 高校生卒業旅行国内おすすめ人気ランキング2017!気になる予算は?

    「高校生活最後の思い出に卒業旅行に行こう!」 高校を卒業すると友人たちとは離れ離れになることで…
  2. 【香典袋】お香典の意味と渡し方|御霊前と御仏前の違いをわかりやすく

    訃報というのは突然もたらされるものです。 どんなに慌てても、忘れてはいけないのがお香典。 …
  3. 静電気除去ブレスレットおすすめはコレ!効果や仕組みをわかりやすく

    冬になると悩まされるのが、静電気です。 ドアを開けようとしてはパチン、 洋服を脱ごうとす…
  4. 唇がカサカサヒリヒリ痛い!リップを付けても治らない時の原因と対処法

    女子の理想は、しっとりしたプルプルの唇です。 しかし冬になると、乾燥してカサカサになりがち…
  5. 【クリスマスネイル2016】簡単でシンプルなセルフネイルまとめ(画像付き)

    クリスマスの準備で忙しい今日この頃。 デートプランや服装はもうお決まりですか? 最近…
  6. 成人式振袖に似合うヘアスタイル2017|ロング編

    [caption id="attachment_885" align="aligncenter" w…
  7. 七夕は手作りで楽しもう!子供が喜ぶ笹飾りやおやつの作り方

    7月7日は七夕祭りです。 (北海道の方は8月7日ですね。) 七夕に向けて、お子さんのいる…
  8. ダイエット中の女性必見!生理中の過ごし方と食べ物や運動方法まとめ

    ダイエットに取り組んでいる女性にとって、 毎月の生理中をどう過ごすかは悩みどころですね。 …
ページ上部へ戻る