冬至にゆず湯に入る由来|ゆず湯を楽しむ方法と赤ちゃんと一緒でも大丈夫?

この記事の所要時間: 337

今年の冬至は12月22日です。

冬至にはゆず湯に入るといいと
言われていることをご存知ですか?

冬至にゆず湯に入る習慣がある方も
今年初めて挑戦される方も必見のゆず湯情報をご紹介します。

スポンサードリンク

冬至にゆず湯に入る由来

image001

冬至にゆず湯に入る習慣が始まったのは比較的新しく、
銭湯ができた江戸時代でした。

ゆずは香りが強い柑橘系の果物です。

ゆずの香りには邪気を祓うという意味があると言われています。

その事から、ゆず湯に入るのは、
邪気を祓って体を清めたり、
みそぎをしたりすることが出来ると信じられたそうです。

冬至にゆず湯に入るようになったのは
このような習慣が始まりのようです。

 

また、冬至は湯治ゆずは融通をかけて
『お湯に入って融通良く行きましょう』
という意味が込められているという説もあります。

ゆず湯の効果や効能

さて、ゆず湯に入ると、どのような効果や効能があるのでしょう。

ゆずには血行や新陳代謝を促進する成分が含まれています。

その為、血液の循環がよくなり、冷え性神経痛
腰痛などをやわらげる効果があります。

また、ビタミンCが豊富な為、湯につかり全身からビタミン成分を吸収することで
風邪を引きにくくする他、美肌にも効果があります。

スポンサードリンク

ゆず湯に入る方法は?ゆずを浮かべるだけでいいの?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
次にゆず湯の入り方についてご紹介していきたいと思います。

ゆず湯の入り方ですが、これはご家庭の習慣によって様々かと思います。

その中でも一般的な方法を挙げます。

①ゆずを5〜6個用意します。
②つまようじなどで数カ所に小さな穴をあけます。
③後はお風呂に浮かべるだけです。

ゆずの香りを沢山楽しみたいという方は
もっと沢山ゆずを浮かべても良いですよ^^

そんなに沢山ゆずを用意できないという方は、
ゆずを輪切りにしてお風呂に浮かべる方法もあります。

ただし、この方法では果肉や種がお風呂に浮いてきてしまいます。

それが気になる方はガーゼの袋等に輪切りしたゆずを入れ、
お風呂に浮かべるといいでしょう。

見た目ではゆず湯を楽しめませんが、後のお掃除が楽です。

なお、ゆずにはお肌を刺激する成分が含まれている為、
肌の弱い方が入るとぴりぴりしてしまうことがあります。

そのような場合には果汁を絞って器に入れて
お風呂の中で芳香させるといいですよ。

アロマテラピー効果を得られてリラックスできるのでおすすめです。

ゆず湯は赤ちゃんと一緒に入っても大丈夫?

image005赤ちゃんがいるお母さん(お父さん)は赤ちゃん一緒にお風呂に入ることが多いと思います。

では、ゆず湯に入りたいと思った場合、
赤ちゃんと一緒に入っても問題ないのでしょうか?

赤ちゃんの肌はデリケートで敏感な為、
ゆず湯に入るには注意が必要です。

というのも、柑橘類であるゆずにはリモネンという成分が含まれています。

この成分が自律神経のひとつである交感神経に働きかけて血管を広げ、
血流を良くし、血行や新陳代謝が促進されるという効果が現れるわけです。

しかし、リモネンに触れると皮膚が刺激される為、
肌の敏感な赤ちゃんには湿疹が出たり肌のかゆみが出たりする等の
トラブルを起こす場合があるのです。

その為、個人差はありますが、おむつかぶれ等の
肌トラブルが多い赤ちゃんはゆず湯には入れないでおく方が良いでしょう。

まとめ

「冬至の日にどうしてゆず湯に入るの?」

という疑問についてゆず湯についての疑問や豆知識をまとめてみました。

正直私はシャワー派で、
普段お湯を張ってお風呂に入ることはあまりありません。

だけど、冬至の日位は湯船にお湯を張って
ゆずを浮かべたお風呂にゆっくり浸かってみようかなとおもっています。

だって今年の冬至は19年に一度の特別な日ですからね。

★おすすめ関連記事★
2014年は朔旦冬至!今年の冬至はいつ?昼の時間が一番短いのは本当?

冬至にかぼちゃを食べる理由と由来は?煮付け以外のおすすめレシピ

スポンサードリンク

ピックアップ関連コンテンツ

関連記事

ピックアップ記事

  1. いよいよクリスマスが近づいてきました! 街にはイルミネーションが輝きだし、誰もがウキウキし…
  2. 口の中に違和感や痛みを感じると、「またか!」と思ってませんか? 口内炎ができやすい人は、何…
  3. 大勢の前で話をするはとても緊張します。 ひょっとしたらあなたも、人前で話をした時に声が震え…
  4. 冬になると、風邪だけではなく、いろいろなウイルスが流行しますよね。 特に注意したいのがイン…
  5. 「ハロウィーンと言えばディズニー!」 というのが定着してきましたね。 秋のディズニーリゾ…

カテゴリー

旬な話題をチェック!

  1. 【2016冬のボーナス】公務員と民間企業の支給日と手取りを比較

    冬が近づくと楽しみなのが、ボーナスですよね? 一般的に、夏のボーナスよりも多くもらえるのが…
  2. 幼児もスマホ中毒!おもちゃ代わりに遊ばせるスマホの悪影響とは?

    スマホは、場所を選ばずにテレビやネットの動画を見ることができます。 ゲームアプリの種類も豊…
  3. 忘年会で上司が喜ぶ簡単に出来る一発芸|恥かしがり屋の女子はコレ!

    忘年会シーズンが近づいてきました! 本来であれば楽しい忘年会ですが、 新入社員の方はちょ…
  4. 初心者におすすめ!レインボールームブレスレットの簡単な作り方

    あなたはレインボールームをご存知ですよね? 子供から大人までハマっている人 続出の人気の遊び…
  5. 初日の出の時間2017年予想!東京、大阪、静岡のおすすめスポットは?

    元旦の朝は、どのように過ごしていますか? 私は毎年、初日の出をみる為に、 年越しのお酒は控え…
  6. 2017~2018主要銀行年末年始営業日|コンビニATMの稼動状況は?

    なにかと忙しい年末。 忙しいだけならまだしも、出費も結構多い時期なのです。 例えば、年末…
  7. 【2016父の日】70代・80代のお父さんにおすすめのプレゼント5選

    祝日も長期の休みもない6月。 唯一の行事と言えば、「父の日」ではないでしょうか。 5月の…
  8. 仕事納め挨拶例文|上司、社長への挨拶スピーチとメールを送る際のマナー

    2015年も残りわずかです。 ついこないだ正月を迎えたばかりだと感じるのは私だけでしょうか…
ページ上部へ戻る