安全でおしゃれなレイングッズ【キッズ編】傘をさすのは何歳から?

この記事の所要時間: 527

751e1a41639101a918c8924537f09e54_s (1)
梅雨のいや~な季節は、出かけるのが億劫になりますよね。

特に小さなお子さんをお持ちのお母さんたちは外出が大変なはず。

元気を持て余している子供と家に閉じこもっているわけにもいかず、困っているかもしれませんね。

そこで今回は、お子さんと雨の日でも楽しく出かけられるよう、キッズ用のレイングッズをご紹介致します。

雨の日のお出かけについて考えてみてはいかがでしょう。

スポンサードリンク

雨の日に子供とお出かけ、みんなはどうしてる?

小さな子供のいるお母さんは、

「雨が降っている時は出かけない」

という方が多いはずです。

でも、どうしても出かけなければならない時、他のママさん達はどうしているのでしょう?

1番多いのは、車で出かけるという方法です。
車に乗ってしまえば、雨もあまり気になりませんし、お母さんも楽ちんですよね。

車がない場合、まだ歩けない年齢の子供は抱っこひもで抱っこして傘をさすという方が多いようです。

抱っこを嫌がる子供なら、ベビーカー用のレインカバーが必需品となります。

歩けるくらいの子供なら、レインコートに長靴を履かせて、大人の傘で一緒に歩くのが一般的です。
レインハットもあれば万全ですね。

子供が傘をさせるのは何歳から?

大人がさしているのを見ると、子供も傘をさしたがったりしますよね。

でも、子供が傘をさして歩くのは、なかなか難しいものです。

持っていても、重たくなって傾いてしまったり、振り回して遊んでしまったり、なかなか雨除けにはなりません。

だからと言って、いつまでも傘を持たせないでいると、小学校に入るころになっても上手く傘をさせない子供になってしまいます。

練習を兼ねて、傘を持たせるのはだいたい2~3歳くらいからがいいでしょう。

最初はレインコートなど、他のレイングッズもしっかり身に着けて、傘を上手くさせなくても濡れないようにしておくといいですね。

子供の傘を選ぶポイント

子供の傘を選ぶ1番のポイントは、軽いこと。
少しでも重いと、傘をさして歩き始めは良くても、だんだん持っているのがつらくなってしまい、途中で放り出してしまう子もいます。

また、視界が阻まれないように透明な傘を選ぶのも重要です。

そして、子供の体に合った大きさの傘を選ぶことです。
傘に対象年齢が書いてありますが、売り場で実際に傘を開いて大きさを確認するようにしましょう。

最初は「練習」と考えて、上手くさせないこと、途中からお母さんが持ってあげることを大前提として傘を持たせましょう。

スポンサードリンク

雨の日も楽しく出かけよう!子供も喜ぶおしゃれなレイングッズ

年配の方の中には、「雨の日に子供を連れて出かけるなんて、とんでもない!」などと言う人もいますよね。

でもそれは、キッズ用のレイングッズがあまりなかった昔の話。
最近は様々なキッズ用レイングッズを買うことが出来ます。

そこで安全面も考えた、おしゃれなレイングッズをご紹介致します。

まずは、こんな楽しい傘はいかがでしょうか。

なんと、骨と柄の部分がLEDライトで光るんです!

これは子供も大喜びですね!

目立つので、車を運転している人にもよく見えて安全です。

子供の傘は、かわいらしいものがたくさんあります。

最近よく目にするのは、立体的なデザインの傘です。

軽量で、前が見やすいように透明の窓付きなので安全です。

ポップなデザインで、楽しくお出かけができますね。

ベビーカーを使っているのなら、キャラクターデザインのレインカバーもおすすめです。

レインカバーをつけたまま乗り降りできる便利な作りになっています。

通気窓があるので、中が蒸れたりくもったりする心配もありません。

お次は、足元を雨から守ってくれるプレイウェア。

なんともかわいらしいですね。

ズボンの裾にはゴムが入っています。

レイングッズのブランドkukka hippoの商品です。

ポンチョとセットで着るのもいいですね。

長靴のデザインもいろいろありますが、「晴れたらいいな」の気持ちを込めて、青空に雲のデザインを選んでみてはいかがでしょうか。

明るい気持ちになれそうですね。

レインハットもお揃いの柄でどうぞ。

まとめ

以上、お子さんにおすすめのレイングッツをご紹介しました。

お気に入りのレイングッズは見つけられましたか?

楽しい装いで、雨の日もお出かけを楽しみましょう!

スポンサードリンク

ピックアップ関連コンテンツ

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「この人と、毎日一緒にいたい」 お互いにそう思えたら、 次のステップに進むのはとても自然なこ…
  2. 日本の三大祭りのひとつと言われる京都の祇園祭。 お祭りでは珍しく約一か月開催されることもあ…
  3. 「お世話になった上司に思い出に残るプレゼントを渡したい!」 退職される上司の為に開かれる送…
  4. クォン・サンウの代表作の一つもの言える「悲しき恋歌」。 目が見えない幼馴染のヘイン(チ…
  5. 1人で複数のメールアドレスを持つ時代。 もうひとつのアドレス名を何にするかで頭を悩ませてい…

カテゴリー

旬な話題をチェック!

  1. 【2016ハロウィンメイク】100均で出来るかわいい魔女メイクのやり方

    2016年度のハロウィンは、 どんな仮装をするか決まりましたか? おもしろ仮装や、本格的…
  2. バストアップにお灸がおすすめの理由と効果のあるツボ|熱くないの?

    本格的な夏に向け、素敵なボディラインを目指して 日々努力されている方も多いのではないでしょうか…
  3. 【女性のいぼ痔】原因と症状|押し込むと治るの?自宅で簡単に出来る治し方

    女性のいぼ痔は診察してもらうのが恥ずかしいので、すぐには病院に行きづらい病気です。 「いぼ…
  4. 【クリスマスデート2016】関西で彼女が喜ぶデートプランと穴場スポット

    クリスマスシーズンが近づくと、ウキウキワクワクし始めますよね? でも、彼女とデートの予定が…
  5. 【クリスマスプレゼント】彼女が欲しいブランドマフラーはコレ!年代別まとめ

    クリスマスプレゼントの定番と言えば、マフラーですよね。 プレゼントする方は、サイズを気にせ…
  6. 鼻のかみすぎで耳や頭が痛い原因と対処法!中耳炎になるのは本当?

    冬は風邪が大流行する季節。 「風邪を引いて鼻水が止まらない」とお悩みになっている方も多いの…
  7. ダイエットのモチベーションが維持出来ない方に見て欲しい言葉まとめ

    あなたは、ダイエットのモチベーションをどのように維持していますか? 食べ物を我慢したり、 …
  8. フェルティミシンは市販のフェルトが使えない?糸を使わない仕組みと価格

    小さい女の子は縫い物に興味を持つものです。 親としては裁縫も学んでもらいたいのですが、 …
ページ上部へ戻る