ハロウィンに子供を仮装させたい!100均で出来る手作り衣装

この記事の所要時間: 459
10月31日はハロウィンです。

キリスト教のお祭りですが、
日本にもイベントとして定着し、
年々盛り上がりを見せていますね。

ハロウィンでは子供たちが仮装をしてお菓子をもらって回ります。

せっかくのイベントですから、
その衣装を手作りしてみてはいかがでしょうか。

年に一度きり、それも子供のものなら
次の年にはサイズが合わなくなって着られません。

高いお金を出して買うよりも、
100均で材料をそろえて楽しく手作りしちゃいましょう!

スポンサードリンク

ハロウィンに子供を仮装させるにはどんな衣装がおすすめ?

「ハロウィン仮装はどうしよう?」
「子供の衣装はどうすればいいの?」

などと悩む必要はありません。

ハロウィンは何に変身してもいいのですよ^^

あなたは本場アメリカのハロウィンの様子を見たことがありますか?

ホラーメイクを施した本格的なモンスターから、
ごみ袋に穴をあけて被っただけのおばけまで、
自由に、好きなように仮装しています。

子供の仮装は、ディズニーのキャラクターや、
スパイダーマンなどのヒーロー、
動物やフルーツなどが人気ですね。

また、その年に流行したものを取り入れる方もたくさんいます。

昨年のハロウィンは、アナやエルサ、オラフがたくさんいましたよ。

でも何でもいいと言われても困りますよね。

おすすめは、やっぱり定番のかぼちゃです。

男の子でも女の子でも可愛いらしくなります。

「でも、子供にかわいい仮装をさせるには手間や費用もかかるのでは?」

などと、
ご心配されているママさん。

ご安心下さい!

魔女やデビル、ドラキュラ、
お化けの衣装も簡単かつ格安に作ることができますよ。

スポンサードリンク

100均で簡単に作れるハロウィン衣装の作り方

311f18d28e9767b9b7a484a9bb581ca5_s (1)
お裁縫が苦手という人でも心配はありません。

とても簡単に作れる衣装をご紹介します。

100均で材料を揃えられますし、
家にあるものを利用するのもいいでしょう。

かぼちゃのポンチョ

用意するもの:オレンジ色の布(2m×2m)、黒のフェルト

オレンジ色の布を4つに折りたたみ、
角を丸く切って頭が入るくらいの穴をあけます。

黒のフェルトを目、鼻、口の形に切って貼り付けたら完成!

布はサテンなどの柔らかい方が着やすいのですが、
端のほつれが気になる方はフェルト生地でもいいですね。

黒のフェルトは、裏がシールになっていて、
切って貼るだけの便利なものが100均に売っています。

是非、探してみてください。

かぼちゃは、画用紙でお面を作って被るだけでも立派な仮装になりますよ。

こんな立体的なお面を作ってみるのも面白いですね。

おばけのTシャツ

用意するもの:白のTシャツ、黒のフェルト

100均に売っている白いTシャツに、
かぼちゃのポンチョと同じようにフェルトで顔を付けるだけ!

大人用の大きいサイズのTシャツにすると、おばけっぽくなります。

家にある使わなくなったシーツや
タオルを被るだけという手もあります。

目と口をハサミで切って、
穴をあけてすっぽり被れば、
かわいいおばけのできあがりです。

ドラキュラのマント

DSC_1529-thumbnail2
出典:http://blog.canpan.info/
用意するもの:黒の布(50cm×50㎝)、紫色またはオレンジ色のリボン(1m)

布の一辺に等間隔に8か所穴をあけ、
交互に紐を通してできあがり!

オレンジ色で作って飾りをつけてもかわいいですね。

布の大きさは、お子さんの体の大きさに合わせて決めてください。

布の端から10cmくらい幅を取って穴をあければ、
その幅が襟のようになってドラキュラっぽくなります。

こちらの動画では、もう少し手間をかけて
ミシンを使った簡単マントの作り方を紹介しています。

ハロウィンの衣装は意外と簡単に手作りできるものです。

100均で材料を買わなくても、
マントなどは大きなビニールの袋を利用して作る方も多いようです。

家にあるもので、いろいろ工夫するのもいいですね。

誰も着ていないオリジナルの衣装で、
お子さんもきっと喜んでくれるでしょう。

ハロウィンの時期が近付くと、
100均ではマントや帽子、カチューシャ、スティックなど、
仮装アイテムがたくさん売り出されます。

手作りじゃなくてもいいという方は、
利用してみてはいかがでしょうか。

ハロウィン間近になると売り切れてしまいますので、早めの入手をおすすめします。

まとめ

お子さんのハロウィンの衣装を
簡単かつ格安に作る方法をご紹介致しました。

おすすめ衣装も作り方もご説明したので是非参考にしてみて下さい。

お子さんと一緒に楽しい思い出を作ってください。

★おすすめ関連記事★
【2015ハロウィンメイク】100均で出来るかわいい魔女メイクのやり方

スポンサードリンク

ピックアップ関連コンテンツ

関連記事

ピックアップ記事

  1. [caption id="attachment_4420" align="aligncenter" …
  2. 日本の三大祭りのひとつと言われる京都の祇園祭。 お祭りでは珍しく約一か月開催されることもあ…
  3. 小学校に入学するお子さんをお持ちのお母さんへ。 ご入学おめでとうございます! これからど…
  4. 春は入学の時期ですね。 この度見事大学に合格され、 大学生活を始めるあなたへ。 ご入学…
  5. 年末が近づくと、会社の中は何かと慌ただしくなります。 忘年会の幹事を任されたのなら尚更です…

カテゴリー

旬な話題をチェック!

  1. 七夕は手作りで楽しもう!子供が喜ぶ笹飾りやおやつの作り方

    7月7日は七夕祭りです。 (北海道の方は8月7日ですね。) 七夕に向けて、お子さんのいる…
  2. ダイエットの天敵!食事制限中のイライラを上手に解消する方法

    ダイエット中は、多かれ少なかれ、 食事を制限しなければならないもの。 大好きなお菓子やこって…
  3. 2017年成人式メイクはコレ! かわいいと注目のちょい派手にする方法

    2017年成人式ももうすぐですね。 もう、成人式用のメイクを決めて練習されている頃でしょうか。…
  4. 成人式振袖に似合うヘアスタイル2017|ロング編

    [caption id="attachment_885" align="aligncenter" w…
  5. 2018年仕事始めの挨拶|新年最初の挨拶の仕方とメール例文

    お正月休みをのんびり過ごした後は、新しい年のお仕事が待っています。 新年一発目の仕事は気持ち良…
  6. ママが乳幼児を叱る時気をつける事と手を上げてしまった時のフォローの仕方

    子供の叱り方って難しいですよね? 特に乳幼児の場合、 なぜ叱られたのかがわからず、 恐…
  7. バレンタインのチョコに添えるかっこいい英文メッセージ【友達、彼氏編】

    2月の大イベントと言えばバレンタインデー。 14日に向けての準備が何かと忙しいですよね。 …
  8. フェルティミシンは市販のフェルトが使えない?糸を使わない仕組みと価格

    小さい女の子は縫い物に興味を持つものです。 親としては裁縫も学んでもらいたいのですが、 …
ページ上部へ戻る