魚を冷凍保存する方法! 賞味期限はいつまで?美味しく解凍するコツ

この記事の所要時間: 258

あなたはお魚は好きですか?

我が家は3日に一回はお魚を食べています。

秋の秋刀魚、冬の寒ブリをはじめとして、
旬の魚はおいしいうえに、お値段も安くて
お財布にもうれしいですね。

おいしいものを安く手に入れるのは理想的です。

スポンサードリンク

ところが、魚はお肉に比べ、鮮度が落ちやすいもの。

買いだめしておくのが難しいイメージがあります。

今回は買いだめのお助けテク、
魚の上手な冷凍保存の仕方をご紹介します。

魚を冷凍するときの3つのポイント

f14860cd1f2d09b2dee8b5643e90bf69_s
魚を冷凍保存するときに気をつけたいポイントは3つ。

①必ず生魚を冷凍すること

魚を買うときは「生」と表示されているか、
近海ものを選びましょう。

遠い外洋で獲れた魚は一度冷凍され、
解凍されてから店頭に並びます。

それを再冷凍すると、味だけではなく、
栄養分も落ちてしまうのです。

冷凍するなら、活きのよいお魚を!

②急速冷凍すること

急速冷凍することで、解凍時にドリップ
(うま味成分を含む汁)が出にくくなり、
おいしい状態で解凍できます。

冷凍室に急速冷凍機能がついていれば
いいのですが、なくても大丈夫!

下処理した魚をラップでくるみ、
フリーザーパックに入れて密閉し、
アルミトレイに載せて冷凍室に入れます。

熱伝導のよいアルミトレイに
載せることで、かなり冷凍の
スピードがアップしますよ。

③下処理の手を抜かない

うま味を逃がさないコツは、
できるだけ空気に触れさせないこと。

切り身、干物はラップでぴっちり包みます。

切り身にせず一尾を丸ごと保存する時は、
頭と内臓をとり、きれいに水気を
拭き取ってからラップで包んでください。

冷凍保存した魚をおいしく食べられる保存期間は?

380f5d216694ecae819674a8944490ab_s
魚をおいしい状態で
長期保存できる温度は、-30℃以下です。

家庭用の冷凍室の温度は-「18℃前後」
なので、上手に下処理しても2週間ほどで風味が落ちます。

食感もパサパサして、おいしさが激減してしまいます。

冷凍した魚の保存期間の目安は、2~3週間。

一度の調理で使いきれる量を
小分けにして冷凍し、おいしいうちに食べきりましょう。

冷凍保存した魚を解凍するときの注意点

fd04ad363a22320e11a3789e08c9ae49_s
冷凍した魚を解凍するときは、
冷蔵庫で時間をかけて解凍しましょう!

急激な温度変化はドリップが出やすく、
うま味が逃げてしまいます。

また、電子レンジでの解凍は
極力避けたいところです。

急いで解凍したい時は、フリーザーバッグ
の口を閉じたまま流水を少しずつ当てると、
うま味を逃がさず、時間を短縮できますよ。

まとめ

魚を冷凍保存する方法と
美味しく解凍するコツをまとめました。

年末年始はお魚を食べる機会が多くなる事と思います。

また、新巻鮭などを頂く機会もありますよね?

美味しく冷凍しておけば美味しく食べる事も出来ます。

また、年末はまとめ買いする機会も多いでしょう。

これで、買い込んだ旬の魚を
おいしく冷凍できる準備ができますよね?

あとは上手に解凍して料理しましょう!

ちなみに解凍した魚に合うのは、
甘みのある煮つけ、油を使ったムニエルやフライです。

ご家庭で喜ばれる美味しい料理を作ってくださいね。

★おすすめ関連記事★
お歳暮にハムが人気の理由は?頂いたハムの使い道と保存方法

スポンサードリンク

ピックアップ関連コンテンツ

関連記事

ピックアップ記事

  1. 日本の三大祭りのひとつと言われる京都の祇園祭。 お祭りでは珍しく約一か月開催されることもあ…
  2. 1人で複数のメールアドレスを持つ時代。 もうひとつのアドレス名を何にするかで頭を悩ませてい…
  3. ダイエットに大切なのは、 ローカロリーで栄養バランスの 取れた食事を摂ることです。 特…
  4. 友達同士で集まると、「旅行がしたい!」 という話題で盛り上がることが多々あります。 だけ…
  5. お通夜に参列すると、会葬礼状などと一緒に、塩の入った小さな袋を貰った事ありますよね。 あの…

カテゴリー

旬な話題をチェック!

  1. 【クリスマスデート2016】関西で彼女が喜ぶデートプランと穴場スポット

    クリスマスシーズンが近づくと、ウキウキワクワクし始めますよね? でも、彼女とデートの予定が…
  2. 【クリスマスネイル2016】簡単でシンプルなセルフネイルまとめ(画像付き)

    クリスマスの準備で忙しい今日この頃。 デートプランや服装はもうお決まりですか? 最近…
  3. 【クリスマスプレゼント】彼女が欲しいブランドマフラーはコレ!年代別まとめ

    クリスマスプレゼントの定番と言えば、マフラーですよね。 プレゼントする方は、サイズを気にせ…
  4. 【大学の謝恩会】ドレス以外の女性の服装|スーツ、振袖を着る際の注意点

    大学生活もあと少し、もうすぐ卒業ですね。 卒業式や謝恩会に何を着て行こうかという楽しい悩み…
  5. 七夕は手作りで楽しもう!子供が喜ぶ笹飾りやおやつの作り方

    7月7日は七夕祭りです。 (北海道の方は8月7日ですね。) 七夕に向けて、お子さんのいる…
  6. 虫歯はないのに歯が痛くなる原因はストレスかも?歯痛を和らげる食材6選

    歯の痛みは本当に辛いですよね? 例えば、奥歯がムズ痒い感じがして口も開けられないほど痛みが…
  7. 初日の出の時間2017年予想!東京、大阪、静岡のおすすめスポットは?

    元旦の朝は、どのように過ごしていますか? 私は毎年、初日の出をみる為に、 年越しのお酒は控え…
  8. 【ハロウィン】簡単でかわいい♪ショートにおすすめのヘアスタイル

    日本でもビックイベントのひとつとなったハロウィン。 10月31日は、趣向を凝らして様々な方…
ページ上部へ戻る