寝る前スマホは不眠症の原因?ブルーライトの影響と脱スマホ対策

この記事の所要時間: 47

1941452a96b8cb0e9a1f70bf2b7d6651_s (1)
スマホを弄っていると時間を忘れ、ついつい夢中になってしまいがちです。

例えば、

・youtubeを見ていると関連動画が気になり、なかなか止めれない
・NAVERまとめの関連記事を何時までも見てしまう
・ゲームやアプリが楽しすぎる
・Lineやフェイスブックのタイムラインを歩き回っている

などなど、

「ひょっとしたら私スマホ中毒?」

なんて思われている方も多いはずです。

特に寝る前、スマホを弄る習慣がついてくると厄介です。

睡眠時間が少なくなり、
次の日の仕事や私生活に支障が出た経験あなたはありませんか?

就寝前にスマホの画面を見つめ続けたあとは、
眠りが浅くて疲れが抜けないような感覚になります。

また、スマホを使ったあとは頭が冴え、
睡眠に支障を及ぼす事もあるのです。

眠る前のスマホ使用は、
睡眠や疲労回復に大きな影響を及ぼします。

だけど、スマホなしの生活はもう無理ですよね?

今回は、眠る前スマホの影響と、
長時間のスマホ使用を切り上げるための方法
をご紹介します。

スポンサードリンク

眠る前のスマホ使用は不眠症の原因?

ベッドに入り、あとは眠るだけという状態で、
スマホの画面を見つめる方は多いはずです。

友達や彼氏、彼女と、眠るギリギリまで
LINEでやりとりするのは楽しいですよね。

今日の仕事のストレスをゲームでリセットする方も多いでしょう。

でも、部屋の明かりを消した状態でスマホを使うと、
人間の心身に次のような影響を及ぼし、睡眠を妨げることもあるのです。

・脳を活性化させ、睡眠に入りにくくする
・目が緊張状態になり、疲れが蓄積される

スマホの画面のブルーライトは、
朝日の光と同じ波長をもっています。

目を通して脳を目覚めさせ、
体を活動できる状態に近づける作用があるのです。

ブルーライトの影響とは?

8fd62e23ef8ae273f0a06dbc82864f7e_s (1)
ブルーライトを睡眠前に見詰めると、

「体は疲れているのに寝付けが悪い・・・」

などの睡眠への影響も出てきます。

また、ブルーライトを見続けていると、
体が夜を朝と勘違いさせてしまいます。

勘違い状態が頻繁に続くと、体内時計が狂い、
夜になっても眠気を感じなくなってしまいます。

つまり、眠るべき時間帯に眠れない、
不眠症に近い状態になってしまうのです。

スポンサードリンク

眠る前のスマホいじりをやめたい方へ!おすすめの方法をご紹介

a9cc41e315d7c2e14c2f295bba80439d_s (1)
十分な睡眠は疲労回復はもちろん、
心身の健康を保つために不可欠です。

スマホを見続けることで睡眠時間が削られたり、
不眠症になったりするのはもちろん避けたいはずです。

しかし、このご時勢スマホを手放す事は出来ません。

「1日○時間と自分でルールを決めているけど、守れない」

「友達からLINEが来たら、既読スルーできなくて返事をしてしまい、結局何時間もやりとりが続く」

そんなお悩みをもっている方は、
次のようなスマホいじり対策を試してみてはいかがでしょうか?

・ゲームサイトから退会し、アプリを削除する
・LINEの通知を朝8時までOFFの設定にする
・夜○時以降はスマホを引き出しにしまい、朝まで取りださない
・使用ルールを決めるだけでなく、破ったときは家族や友達に食事をおごるなどの罰を設定する

スマホを持っていないと不安に思うあなたのお気持ちもよくわかります。

私もスマホが自分の範疇から消えてしまうと、

「あれ?私のスマホどこ行った?」

などと、大慌てで探しまくった経験が何度もあります。

しかし、ご自身の健康を守るのはあなたです。

あなたの意思が無ければ、スマホ中毒を抜け出す事は出来ません。

もしも、寝る前の睡眠に支障を感じているなら
就寝前だけでもスマホと離れる努力をしてみませんか?

快適な睡眠を取り戻す事が出来れば、
次の日の集中力も増し、さらにご活躍される事でしょう。

今日からちょっとずつ、
寝る前スマホを止める努力をしてみてはいかがでしょう。

まとめ

・寝る前のスマホが睡眠にどのような影響を及ぼすのか?
・寝る前のスマホを止める為にはどのような心構えを持つべきなのか?

など、スマホが睡眠に及ぼす影響などをまとめました。

スマホ使用は依存症や中毒になるともいわれています。

上手に便利に、そして健康を保ちながらスマホを使うには、
自分をコントロールする事が絶対に必要なのです。

便利さや楽しさに流されることなく、
あなたの眠りを守って、スマホと付き合ってくださいね。

★おすすめ関連記事★
幼児もスマホ中毒!おもちゃ代わりに遊ばせるスマホの悪影響とは?

スポンサードリンク

ピックアップ関連コンテンツ

関連記事

ピックアップ記事

  1. 冬になると、風邪だけではなく、いろいろなウイルスが流行しますよね。 特に注意したいのがイン…
  2. クォン・サンウの代表作の一つもの言える「悲しき恋歌」。 目が見えない幼馴染のヘイン(チ…
  3. もし自分の子供が万引きをしてしまったら・・・ 大きなショックを受け、動揺し、どうしていいの…
  4. 日本の三大祭りのひとつと言われる京都の祇園祭。 お祭りでは珍しく約一か月開催されることもあ…
  5. 「今年のバレンタインは、逆チョコを渡して告白してみよう!」 などと気合を入れている男性も多…

カテゴリー

旬な話題をチェック!

  1. 2017年成人式メイクはコレ! かわいいと注目のちょい派手にする方法

    2017年成人式ももうすぐですね。 もう、成人式用のメイクを決めて練習されている頃でしょうか。…
  2. 高校生卒業旅行国内おすすめ人気ランキング2017!気になる予算は?

    「高校生活最後の思い出に卒業旅行に行こう!」 高校を卒業すると友人たちとは離れ離れになることで…
  3. 【2016冬のボーナス】公務員と民間企業の支給日と手取りを比較

    冬が近づくと楽しみなのが、ボーナスですよね? 一般的に、夏のボーナスよりも多くもらえるのが…
  4. バストアップにお灸がおすすめの理由と効果のあるツボ|熱くないの?

    本格的な夏に向け、素敵なボディラインを目指して 日々努力されている方も多いのではないでしょうか…
  5. 【七五三の時期】早生まれの女の子は?満年齢であっているの?

    [caption id="attachment_3670" align="aligncenter" …
  6. 肩こりによく効くヨガのポーズをご紹介♪実践者の効果や口コミは?

    「肩こり」と一言で言ってしまうと 軽く聞こえるかもしれませんが、 重症の方の場合はとてもつら…
  7. 【クリスマスプレゼント】彼女が欲しいブランドマフラーはコレ!年代別まとめ

    クリスマスプレゼントの定番と言えば、マフラーですよね。 プレゼントする方は、サイズを気にせ…
  8. 2018年初詣東京穴場おすすめランキング!縁結びから屋台までご紹介

    「東京で初詣に行きたいけどおすすめの神社は?」 東京の初詣おすすめスポットは以前の記事でご紹介…
ページ上部へ戻る