新盆見舞いとは?渡す時期と金額相場|お返しのマナーや注意点とは?

この記事の所要時間: 427

故人の四十九日後、初めて迎えるお盆がを新盆と言います。

初盆とも呼ばれます。

新盆を迎えるお家では、
いつものお盆より丁寧に法要などを営み、
初めて現世へ帰ってくる故人の霊を迎えます。

そして、新盆はご家族だけではなく、
故人とご縁のあった方にとっても故人を偲ぶための大切な儀式です。

スポンサードリンク

新盆は、いつものお盆とは少し違う
振る舞いやお供え物などが必要になります。

新盆を迎えるお家も、新盆法要に招かれた方も
新盆のマナーについてはわからないことが多い事と思います。

という事で今回は、
新盆に関するマナーのあれこれについてご紹介します。

故人との思い出を偲びながら、
スマートなマナーで新盆を迎える手助けにしていただければ幸いです。

新盆見舞いとは?失敗しない新盆見舞いのマナー

079146b303c4a3aa5101f2192c02517a_s

新盆見舞いは、本来、新盆法要や焼香に
伺った際に持参する故人へのお供え物です。

また、新盆を迎えるお家を訪れることを、
「新盆見舞いに伺う」ということもあります。

 

新盆見舞いを贈る側のマナーについて、
以下に簡単にまとめましたのでご参考にしてください。

新盆見舞いを渡す時期

新盆法要に招かれたり、
お盆中に焼香に伺ったりする場合は持参します。

遠方などの理由で直接渡せない場合は、
お盆の前日までに届くように発送を手配しましょう。

お盆を7月に行う地域と8月に行う地域があるので、
相手のお盆の時期を確認することを忘れずに。

お金を贈る場合

故人との関係や、そのお家のしきたり
などによってさまざまですが、一般的には次のようになっています。

親族の場合

故人の家族に準ずる立場で新盆法要に参列し、
法要後の会食にも参加する場合、現金を施主へお渡しします。

金額は一人1~2万円
夫婦で参加するなら2~3万円が相場と言われています。

都合により法要に参加できない場合も、
近しい立場として同額を贈るほうが無難ですね。

不祝儀袋の表書きは「御提灯料」です。

友人、知人、同僚などの場合

親族以外で法要に招かれた場合は、
施主へ渡す金額は1万円が相場です。

法要には参加せず、お盆の期間に焼香に伺ったり、
金封を書留で送る場合は、5,000円~1万円を包みましょう。

あまり高額を包むと、
相手が恐縮してしまいます。

不祝儀袋の表書きは、「御仏前」、または「御供物料」です。

品物(お供え物)を送る場合

お金と品物のどちらかを贈る、
または両方を贈るかは地域によっては異なります。

品物を贈る場合、予算の相場は3,000円~5,000円ほどと考えておきましょう。

「御供物」ののしをかけて贈るのが一般的です。

生前の故人の好物や、お菓子、果物などが喜ばれます。

お線香は、施主の側で用意していることが多く、
余ってしまうこともあるので、避けたほうがいいですね。

 

地域や宗派によって違いはありますが、
お盆の時期を間違えないことが一番重要です。

故人の家族や、近しい方に時期について
確認しておくことをおすすめします。

初めてのお盆を迎える故人が
喜んでくれるようなお供えを贈って、迎えてあげましょう。

スポンサードリンク

新盆見舞いのお返しのマナーは?

118448
新盆見舞いをいただいたら、
お返しをするのが基本のマナーです。

新盆法要に出席してくださった方へは、
法要後の会食がお返しとなります。

別途、1,500円~3,000円の引き出物を用意しておき、
会食後、お渡しすることも多いようです。

のしの表書きは「志」、「御供養」「初盆志」です。

 

引き出物には持ち帰る際に重くならない、
タオルセットやお菓子などがよく選ばれています。

法要へは参加されなかったけれども、
初盆の焼香に訪れてくださる方もいらっしゃいます。

不意にこられた方へお渡しするお返しも、
余裕をもって準備しておいたほうが安心です。

1,000円程度のお菓子、お茶、タオルのセットなどに、
「粗供養品」をかけて用意しておきましょう。

 

また、郵送してくださった方へのお返しも必要です。

いただいた金額の半額程度の品を
贈るのが一般的ですが、相場は3,000円~5,000円です。

この場合ののしは「志」。

お返しの品を贈る際に、
お礼状を添えることを忘れないようにしてくださいね。

まとめ

新盆見舞金の渡し方や金額の相場などをまとめてみました。

新盆を始めて迎える方のお役に立てれば幸いです。

 

家族と縁者が故人を偲び、心をこめて供養する初盆は、
亡くなった方の思い出を語り合うための機会でもあります。

自分のために気持ちを贈り合ってくれることを、
きっと故人も喜んでくれるはずです。

★おすすめ関連記事★
新盆とはいつ?お供えやお布施の金額相場などをわかりやすく解説!

スポンサードリンク

ピックアップ関連コンテンツ

関連記事

ピックアップ記事

  1. お歳暮で贈る定番といえばハム。 そんな印象を持つ方は多くいらっしゃることと思います。 で…
  2. いよいよクリスマスが近づいてきました! 街にはイルミネーションが輝きだし、誰もがウキウキし…
  3. 小学校に入学するお子さんをお持ちのお母さんへ。 ご入学おめでとうございます! これからど…
  4. そこのミディアムヘアのきれいなあなた! 成人式のヘアスタイルはお決まりですか? ひょっと…
  5. 「ありのーままのー姿見せるのよー」 2014年大ブレイクしたアナ雪。 あなたはご覧になり…

カテゴリー

旬な話題をチェック!

  1. 【2016ハロウィンメイク】100均で出来るかわいい魔女メイクのやり方

    2016年度のハロウィンは、 どんな仮装をするか決まりましたか? おもしろ仮装や、本格的…
  2. 【七五三の時期】早生まれの女の子は?満年齢であっているの?

    [caption id="attachment_3670" align="aligncenter" …
  3. 唇がカサカサヒリヒリ痛い!リップを付けても治らない時の原因と対処法

    女子の理想は、しっとりしたプルプルの唇です。 しかし冬になると、乾燥してカサカサになりがち…
  4. フェルティミシンは市販のフェルトが使えない?糸を使わない仕組みと価格

    小さい女の子は縫い物に興味を持つものです。 親としては裁縫も学んでもらいたいのですが、 …
  5. 【2016父の日】70代・80代のお父さんにおすすめのプレゼント5選

    祝日も長期の休みもない6月。 唯一の行事と言えば、「父の日」ではないでしょうか。 5月の…
  6. 忘年会で上司が喜ぶ簡単に出来る一発芸|恥かしがり屋の女子はコレ!

    忘年会シーズンが近づいてきました! 本来であれば楽しい忘年会ですが、 新入社員の方はちょ…
  7. 通販(楽天)で購入出来るお歳暮ハム人気ランキング2016~2017

    お歳暮の贈り物の定番といえばハム。 でも、一言で「ハム」と言っても 種類が沢山あり過ぎてどれ…
  8. 忘年会の乾杯挨拶2017|乾杯の挨拶は誰にお願いするべき?例文まとめ

    忘年会の幹事をしたことありますか? 場所決めや出欠など、たくさんの仕事がある上に 細部まで気…
ページ上部へ戻る