夏のメイク崩れ対策|人気のメイク崩れ防止スプレー ランキング!

この記事の所要時間: 54

8a356e420087560f5cc061274520063d_s (1)
連日暑い日が続きますね。

日照時間が長くなり、肌が日射しにさらされる時間も長い季節になってきました。

肌が紫外線に長時間さらされる夏は、
シミやそばかすの原因となる日焼けから
肌を守ることを第一に考えてメイクをしますよね?

日焼け止めを念入りに塗り、
ファンデーションで肌をカバーして出かけるのが、
夏の朝の日課になっている方も多い事でしょう。

しかし、夏のメイクは日焼け対策だけでは不十分なのです。

暑い日は発汗が多くなります。

お顔からの汗が多くなると、当然メイク崩れの原因に繋がります。

あなたもこんな経験ありませんか?

「お客様に会う時、メイク崩れが気になって仕事に集中できない」
「おめかししてデートに行ったのに、何度もメイクを直しに行って、ムードが台無しになっちゃった」

夏場のメイクは崩れやすいですよね。

しかし、メイクの事ばかり気にしていては
折角のお仕事やデートに集中出来ません。

「朝ビシッと決めたメイクを長持ちさせるよい方法はないの?」

などと、メイク崩れを気にしている方に朗報です。

メイク崩れ防止スプレーを使えば、
あなたのメイクを守ってくれますので
もうメイク崩れを気にする必要はありませんよ。

では、

・メイク崩れ防止スプレーとはどのようなものなのか?
・人気のメイク崩れ防止スプレーは?

などなど、メイク崩れ防止スプレーについてのあれこれをご紹介致します。

スポンサードリンク

女性の「きれい」を強力にキープ!この夏おすすめのスプレー4選

ファンデーションののりをよくするために
朝晩のスキンケアをしっかりしても、
大量の汗でメイクが崩れてしまっては折角の努力も台無し。

だけど、夏場に汗をかくなと言ってもムリですよね(笑)

汗を抑えるためにクーラーで室内温度を下げすぎると、
体調を崩してしまうことにもつながってしまうので避けたいものです。

そんな夏場のメイク崩れの悩みを解決して、
夏を快適に過ごすためのサポートをしてくれるのがメイク崩れスプレーです。

まずは、「きれい」を強力にキープする人気のメイク崩れ防止スプレーをご紹介致します。

1.プライバシー メイクアッププロテクター

メイク崩れとテカリを強力にカバーしてくれるのが、このミストです。

低価格で試しやすいのもうれしいですね。

私も使用しましたがこれが一番効果を感じました。

初めてメイク崩れ防止スプレーを使う方に是非おすすめしたい商品です。

2.クラランス CLARINS フィックスメイクアップ

ベースメークのあと一噴きするだけで、ばっちりとメイク崩れを防ぎます。

長時間外出する予定のある朝は、
ベースメイク後と仕上げの二度使うと安心です。

3.イケメス メイクカバースプレー フェイスマジック

肌に優しい付け心地で、敏感肌の方に試してほしいスプレー。

保湿力も高く、乾燥が気になるときにも効果が高い商品です。

4.ビューティープロテクター リッチ 80ml

長時間の外出でも、このスプレーを一噴きして出かければ安心!

てかりを抑え、肌の乾燥をしっかり防ぎます。

スポンサードリンク

シーンに合わせてメイク崩れを予防!夏のレジャーにおすすめのスプレー

夏は、アウトドアレジャーの楽しい季節。

プールや海で楽しむ時、
UVケアとメイク崩れの両方に効果を発揮してくれるスプレーは、女子の強い味方になってくれます。

スポーツやプールでのレジャー、
日焼け予防の効果の高いスプレーをピックアップしてご紹介します。

1.ビューティープロテクターモイスト(30ml)

メイク仕上げに3秒スプレーするだけで、
メイク崩れをなんと12時間も防いでくれます。

紫外線対策にも有効です。

2.BPメイクカバーうるおいミスト 50ml

汗をたくさんかくシーンや、
脂性肌の方にもおすすめしたいミストです。

特に気になる部分には二度噴きかけて外出すると、
メイク崩れをほとんど気にせずに一日を過ごせますよ。

まとめ

夏場のメイク崩れ対策に必須のアイテム「メイク崩れ防止スプレー」をご紹介致しました。

気になるスプレーは見つかりましたでしょうか?

かわいさを維持したい女子は是非持っておきたいアイテムですね。

「メイク崩れが気にならない生活を送りたい!」

と願うあなたのご参考になれば幸いです。

★おすすめ関連記事★

夏場のメイクがうまくいかない理由はコレ!可愛さを長持ちさせる方法
スポンサードリンク

ピックアップ関連コンテンツ

関連記事

ピックアップ記事

  1. 今年の夏も暑くなりそうです。 暑い時は、海やプールに行きたくなりますよね。 関東には…
  2. 「ハロウィーンと言えばディズニー!」 というのが定着してきましたね。 秋のディズニーリゾ…
  3. 「もしも我が子がインフルエンザにかかったら・・・」 インフルエンザに幼い子供がかかった場合…
  4. クォン・サンウの代表作の一つもの言える「悲しき恋歌」。 目が見えない幼馴染のヘイン(チ…
  5. 身内に不幸があった年は年賀状を出さない。 喪中の場合年賀状を出さないのは常識として、みなさ…

カテゴリー

旬な話題をチェック!

  1. オリーブオイルを使ってメイクを落とすメリットと正しい保湿の仕方

    一日の終わりのリラックスタイム。 メイクを落として素肌になった時の解放感は、一日の疲れを癒…
  2. 忘年会の乾杯挨拶2017|乾杯の挨拶は誰にお願いするべき?例文まとめ

    忘年会の幹事をしたことありますか? 場所決めや出欠など、たくさんの仕事がある上に 細部まで気…
  3. 口内炎が一週間以上治らないのはまさかガン?原因と改善食事レシピまとめ

    「あれ?何か口の中に違和感が・・・」 口の中に突然プクっとできる口内炎。 実際に見る…
  4. 【小学校入学式】親の服装2017|マナーは?ママの参考になる画像をご紹介!

    「入学式はどんな服装で出席しようかな?」 ママはお子さんの服装選びも頭を悩ませる事と思います。…
  5. ママが乳幼児を叱る時気をつける事と手を上げてしまった時のフォローの仕方

    子供の叱り方って難しいですよね? 特に乳幼児の場合、 なぜ叱られたのかがわからず、 恐…
  6. 【引っ越し先の挨拶】タオルはどこで買うの?金額相場とのしの書き方

    年末から4月くらいまでは、進学や就職、転勤などが多い時期です。 新規一転、住み慣れた土地を…
  7. 【七五三】7歳の女の子のヘアスタイル人気ランキング!ショート、ロング編

    七五三は様に子供の成長を感謝しお祝いする伝統行事です。 参拝に行くのも大切なことですが、 …
  8. 寝ている時ふくらはぎがつる原因と予防方法|妊婦が足をつった場合は?

    「ぐっすり眠っていたのに、突然ふくらはぎがつって飛び起きてしまった」 という経験はありませ…
ページ上部へ戻る