寝ている赤ちゃんの手足が冷たいけど大丈夫?原因と対処法

この記事の所要時間: 446

1
赤ちゃんに布団をかけておくと、いつの間にか手足が布団から出ていたことはないでしょうか?

手足を触るとひんやりしていて風邪をひかないよう再度布団をかけるも、またはみ出しているの繰り返し・・・。

「何故、幾度となく布団から手足を出すのか?」

これには、まだ未発達である赤ちゃんの身体的機能が関係しているのです

本記事では、「赤ちゃんの手が冷たいけど大丈夫?」とご心配されているママさんに何故赤ちゃんの手足が冷たくなる理由と対処法をわかりやすく解説していきます。

初めての育児をされている方は特にどう対処したら良いのかと悩む方もいらっしゃるかと思いますので、ご参考になれば幸いです

スポンサードリンク

生後間もない赤ちゃんが寝ている時手足が冷たい理由

まず、生後間もない赤ちゃんの手足が冷たくなる理由について解説していきます。

生まれて間もない赤ちゃんは、まだまだ体の機能がちゃんと発達していません。

体温調節機能がその一つなのですが、気温が上がったり下がったりすると赤ちゃんの体温も上下します。

大人に比べると赤ちゃんは皮下脂肪が少なく、熱が逃げやすいので、気温が低い環境では特に低体温症に掛かりやすいです

そうならないために、手足を冷やして体温調節をするといった防衛本能が機能します。

この働きにより手足は冷たいですが、身体の中心に熱が集まり、出来るだけ体の外に熱を逃がさないようにしています

手が紫色に見えることがありますが、それは毛細血管が収縮して血液の流れが悪くなっているためであって、適切な室温になっているなら心配しなくても大丈夫です。

赤ちゃんが布団から手を出してしまうのは、温度を感知するため。

暑かったら熱を逃がし、寒かったら手の血管を収縮します。

手が冷たいときは心配になりますが、赤ちゃん自身は寒いわけではなく、風邪をひく原因にもつながりませんので安心してください

逆に手足が冷たいからといってミトンや靴下を付けてしまうと、温度を感知できず調節できなくなりますし、冷え性になる可能性もあります。

赤ちゃんの手足が冷たいと感じた時の対処法

2
3つのポイントを覚えておきましょう

▼背中やお腹の体温
・身体も冷たいかチェック
・中心が暖かいなら問題なし▼衣服で調節
・汗をかいている時は衣服で調整
・手の温度だけで判断して暖めすぎてはいけない
・機能が鈍くなり体温を下げれない
・うまく交感神経が機能しなくなる可能性がある
・無呼吸を起こすと回復が遅くなり命の危険を伴う

手足が冷たくてなっていても、お腹や背中が汗をかいていたら暑いというサインなので、衣服を一枚脱がすか薄着にしてあげてください

▼室温を調節
・手足とともに身体も冷たいなら寒いということ
・手が冷たすぎるとしもやけになることがある
・快適温度 夏26~28℃、冬 18~23℃、湿度40~60%
・真夏、真冬はエアコンでの調節が最適
・エアコン使用時は乾燥しやすいため、温度計と湿度計のチェックをこまめに
・オススメは濡れタオルを干して加湿

スポンサードリンク

熱が40度くらいあるのに手足が冷たいときの原因や対処法

3
熱が40度もあれば当然手足も熱くなるはず。

だけど、発熱しているにも関わらず、手足が冷たいとさらに心配になりますよね

だけど、ご安心下さい。

赤ちゃんの発熱したときの初期症状として「手足が冷たくなる」というのが考えられています

手足が冷たいから大したことはないというわけではありません。

熱は血液によって運ばれるのですが、ポンプの役割を担う心臓から手足に運ばれるまで時間がかかります。

なので、発熱時に手足が冷たいということは、この後まだ熱が上がると思っておいてください

ということは、手の温度で熱が上がってきている最中なのか上がりきっているのか分かるということです。

◎ここで豆知識
発熱していて手が冷たいときは身体を暖め、手が熱いときは太いリンパ節が通る脇の下や脚の付け根、首の後ろなどを冷やすと良いですよ。▼対処法
〇熱が上がりきる前
手足が冷たいことがあるので、身体を暖めてあげましょう。
〇熱が上がりきった後
熱くなりすぎて手に汗をかいたままにしておくと、熱が上がりきっていても手足が冷たくなります。

こういった場合、また熱が上がってきているのか下がった後なのか判断が難しいです。

ですので、お腹や背中を触ってみて汗をかいているなら汗が冷えているということなので、着替えや汗をこまめに拭いてあげるなどしてあげましょう。

まとめ

寝ている時も熱が出ている時もまず確認することは、手の温度です

寝ている時は室温や湿度に注意し、適切な温度であるならば、手が冷たくても心配ないでしょう。

ただ、発熱時に手が冷たい場合は身体を暖めて、熱い場合は冷やしてあげましょう

ちなみにですが、発熱時におでこを冷やすのはあまり効果はありません

熱さまシートなどよく使われますが、あれは水分を補給できていないときに貼ると良いです。

脇の下や脚の付け根などに貼るとすぐ冷気がなくなり、体温で暖かくなるので逆効果です。

手が冷たいと親としては心配になりますが、そこは親だから冷静に焦らず対処しましょう。

★おすすめ関連記事★
スポンサードリンク

ピックアップ関連コンテンツ

関連記事

ピックアップ記事

  1. 日本の三大祭りのひとつと言われる京都の祇園祭。 お祭りでは珍しく約一か月開催されることもあ…
  2. お歳暮で贈る定番といえばハム。 そんな印象を持つ方は多くいらっしゃることと思います。 で…
  3. いよいよクリスマスが近づいてきました! 街にはイルミネーションが輝きだし、誰もがウキウキし…
  4. 今年の夏も暑くなりそうです。 暑い時は、海やプールに行きたくなりますよね。 関東には…
  5. あなたは「見解書」を作成したことがありますか? 普段の生活ではあまり馴染みがないかもしれま…

カテゴリー

旬な話題をチェック!

  1. ワインオープナーがない時のコルクの開け方!意外と知らない缶切りで開ける方法

    最近のワインボトルはコルクでなく、 ねじ式で開くワイン(スクリューキャップ)も出回っています。…
  2. 【冬休みの自由研究】簡単に出来る小学生女子におすすめの手芸まとめ

    小学校の冬休みと言えば、宿題がたくさん出されます。 宿題の中には必ず自由研究が入っている事…
  3. 2018年仕事始めの挨拶|新年最初の挨拶の仕方とメール例文

    お正月休みをのんびり過ごした後は、新しい年のお仕事が待っています。 新年一発目の仕事は気持ち良…
  4. 【2016冬のボーナス】公務員と民間企業の支給日と手取りを比較

    冬が近づくと楽しみなのが、ボーナスですよね? 一般的に、夏のボーナスよりも多くもらえるのが…
  5. 【クリスマスプレゼント】彼女が欲しいブランドマフラーはコレ!年代別まとめ

    クリスマスプレゼントの定番と言えば、マフラーですよね。 プレゼントする方は、サイズを気にせ…
  6. 手抜きでOK!バレンタインの義理チョコを安く簡単に済ませるコツと作り方

    バレンタインは好きな人にチョコレートをあげる楽しい日♪とは限りません。 この時期は会社など…
  7. 七夕は手作りで楽しもう!子供が喜ぶ笹飾りやおやつの作り方

    7月7日は七夕祭りです。 (北海道の方は8月7日ですね。) 七夕に向けて、お子さんのいる…
  8. 【引っ越し先の挨拶】タオルはどこで買うの?金額相場とのしの書き方

    年末から4月くらいまでは、進学や就職、転勤などが多い時期です。 新規一転、住み慣れた土地を…
ページ上部へ戻る