コツをつかんで楽ちん衣替え♪賢く整理・収納する方法とポイント

この記事の所要時間: 359

1
もうすぐ夏が終わり、秋バージョンの衣替えをしても良い時期です。

今年お世話になったTシャツやキャミソールは来年も使えるよう、きちんと整理整頓して収納したいものです。

ただ、衣替えって結構面倒なんですよね

ひとつひとつきちんと畳むのは結構手間がかかります。

かと言って、そのまま収納すれば、シワだらけになり、来年使いまわしが出来なくなる恐れがあります。

では、簡単に衣替えを済ますにはどうすればいいのか

本記事では衣替えを簡単に済ます方法をご紹介致します。

スポンサードリンク

来シーズン後悔しないために!衣類のお手入れ3つのポイント

汚れたままの服を収納する人はいませんよね?

汚れたまましまうと、シミの原因となります。

なので、来シーズンも今年同様着たい場合は、しっかりと汚れを落としてから片付けて下さい。

そこで、洗濯する際の注意点をご紹介致します。

洗濯する時の注意
・残り湯を使うと、服に残っている湯垢がシミの原因になります。・洗剤が衣類に残っていても、染みになります。収納する際は、いつもより1回すすぎを多くしてください。

・しっかりと乾かす。湿っているとカビやシミの原因になります。

以上をしっかり守り、来シーズンも使えるよう、まずはきっちり洗う事から始めて下さい。

衣類を収納する時のコツとは?

次に衣類を収納する時のコツを箇条書きでお伝えしていきます。

・3年着ていない衣類は処分して、収納の場所を開ける。・オールシーズン着る物は、しまわずに出しておく( 薄手の長袖のシャツ、インナーになる半そでなど)

・物は取り出しにくい押入れ下段、天袋に入れる。

・ブランケットなどは、取り出しやすい場所にいれる

・タンスに入れるときは、季節別、素材別にいれると便利。洗濯の方法も違うので分かりやすいです。

クローゼットの収納方法

上段は、季節外や湿気に弱い服。

またはオールシーズン着る服、下段は重い季節家電、スーツケースを収納します。

スーツケースの中も収納していきます。

無理やりいれるとシワになります。

かけるときは、袖別にかけると分かりやすいです。

衣替えの時、どこに片付けようかと悩みませんか?

収納する場所が決まっていれば、どこに片付けるか悩まなくてもいいので早く片付きます。

衣替えは湿度の少ない日にする事をおすすめ致します。

収納の裏技6選|たたみ方や収納ケースの使い方を工夫しよう!

2
最後にきれいなたたみ方収納ケースにしまう時の注意点をご紹介致します。

1・縫い目に合わせて縦にたたむと着るときに皺も目立ちません。2・子どもの服はサイズ別に分けて、収納します。100均グッズの小物入れや仕切りが便利です。

3・セーターやかさばる服は、背中に上質紙を当てて、たたみ収納します。

4・収納ケースを使用する場合は、袖を内側に入れて四角にたたみ、縦に立てて収納します。

5・収納ケースの奥の3分の1は、使いにくい場所なので、オフシーズンの物を収納します。

6・ウールなどの素材は、防虫剤を使用。効果が失われないように蓋つきの収納ケースにします。防虫剤の臭いが気になるときは、ハーブのサシェでも効果があります。

収納ケースにいれるのは、畳んで入れられる物です。(下着、パジャマ、Tシャツ、ニット、カットソー、ブラウス、ジーンズ、カジュアルなスカートなど)

間違わないようにして下さいね。

スポンサードリンク

まとめ

以上、衣替えをする際の注意点と、きれいな衣類の畳み方をご紹介しました。

主婦にとって、正直言って衣替えは面倒です。

ただ、今回ご紹介した方法を使えば意外と早く終わらせることが出来ますよ。

是非参考にして下さいね。

着ない服は長くしまっていても、シワやシミになり、結局着られなくなってしまうことが多々あります。

なので、上手に捨てることも重要です

3年着ないものは、これからも着ないといいます。

片付け上手は処分するのも上手です

処分の仕方はリサイクルショップやオークションを使う事をおすすめします。

お小遣い程度にはなりますよ。

また、ボロボロの服はお掃除にも大活躍します。

私の場合は、台所、ペットの掃除用、洗面所と切って分けて置いています。

多分、これを始めると処分する服を探し始めると思いますよ。

★おすすめ関連記事★
スポンサードリンク

ピックアップ関連コンテンツ

関連記事

ピックアップ記事

  1. いよいよクリスマスが近づいてきました! 街にはイルミネーションが輝きだし、誰もがウキウキし…
  2. 2017年のクリスマスを彼氏と一緒に過ごす予定のあなたへ。 彼氏へのクリスマスプレゼントは…
  3. 「今日は寒いね。」 学校や職場で「寒いね」と挨拶代わりに 声をかけあうくらい、朝夕は冷え…
  4. いよいよ年末が押し迫って来ましたね。 クリスマスやお正月が楽しみになってきた今日この頃…
  5. 口の中に違和感や痛みを感じると、「またか!」と思ってませんか? 口内炎ができやすい人は、何…

カテゴリー

旬な話題をチェック!

  1. ワインオープナーがない時のコルクの開け方!意外と知らない缶切りで開ける方法

    最近のワインボトルはコルクでなく、 ねじ式で開くワイン(スクリューキャップ)も出回っています。…
  2. 唇がカサカサヒリヒリ痛い!リップを付けても治らない時の原因と対処法

    女子の理想は、しっとりしたプルプルの唇です。 しかし冬になると、乾燥してカサカサになりがち…
  3. 成人式振袖に似合うヘアスタイル2017|ロング編

    [caption id="attachment_885" align="aligncenter" w…
  4. 手抜きでOK!バレンタインの義理チョコを安く簡単に済ませるコツと作り方

    バレンタインは好きな人にチョコレートをあげる楽しい日♪とは限りません。 この時期は会社など…
  5. ダイエット中の女性必見!生理中の過ごし方と食べ物や運動方法まとめ

    ダイエットに取り組んでいる女性にとって、 毎月の生理中をどう過ごすかは悩みどころですね。 …
  6. 運動会のスローガンに合うかっこいい四字熟語の例|小学校編

    9月と言えば運動会シーズン。 運動会を心待ちにしているお子さんも多いはずです。 その陰で…
  7. 【千葉の海水浴場】綺麗でおすすめのビーチ8選!穴場スポットもご紹介♪

    千葉県は海で囲まれている地域です。 なので、日頃から海と接している方が多くいらしゃいます。…
  8. 2017年成人式メイクはコレ! かわいいと注目のちょい派手にする方法

    2017年成人式ももうすぐですね。 もう、成人式用のメイクを決めて練習されている頃でしょうか。…
ページ上部へ戻る