敬老の日に花をプレゼント!選ぶべき花と喜ばれる花言葉10選

この記事の所要時間: 40

1
今年の敬老の日は何日になるかご存じですか?

敬老の日は9月の第3月曜日と決まっているので今年は9月19日になります。

毎年この日になると、「おじいちゃん、おばあちゃんに何をプレゼントしようか?」と悩む方も多いのでは。

今年は花言葉に感謝と長寿の願いをこめて、お花をプレゼントしてみてはいかがでしょう?。

女性はいくつになっても、花をプレゼントされると嬉しいもの

特に可愛いお孫さんや自分の息子や娘からプレゼントされるものは特別ですね。

今回はお花のプレゼントのお役立ち情報を集めてみました。

スポンサードリンク

1 一番ふさわしいお花は?

2
敬老の日の定番のお花といえば、りんどうです。リンドウは紫色の花が咲きます。

花言葉は「正義」「勝利」「誠実」「貞節」です

「正義」「勝利」は病気に打ち勝つ意味があるそうです。

でも、定番になった一番の理由は、昔から漢方薬の原料に使用されていたことから、「健康と長寿をお祝いする」という意味があります。

また、りんどうは紫色の花をつけます。

紫といえば、聖徳太子の時代から最高位の人しか身に着けられなかった色です。

そのことから、「尊敬」「敬愛」の花言葉をもつようになりました。

「尊敬して敬愛する大好きなおじいちゃん、おばあちゃん。病気に負けないでいつまでも元気でいてください」という敬老の日にふさわしいメッセージを込めたお花になります。

2 おじいちゃん、おばあちゃんに喜ばれるお花種類は?

3
「おじいちゃんにお花?」と思われるかもしれません。

でも、うちのおじいちゃんは庭の植木の手入れが趣味というのは、よく耳にします。

人気なのは、やはりリンドウや胡蝶蘭の花鉢です。

また、金柑は昔から「代々(橙)家が栄える」といわれ、庭先に植えられていました。

「福寿金柑」の鉢植えなども縁起を担ぐお年寄りには喜ばれます。

他にも長寿紅といわれる「ヒメリンゴ」の鉢植えなどいかがでしょう。

お花のお世話が大変なおじいちゃん、おばあちゃんのために、今はブリザードフラワーなど、そのまま長く飾っておけるお花も人気です。

おばあちゃんは、お花を贈ると特に喜ばれるようです

私の母もプレゼントにお花を贈ると喜んで、飾っていました。

玄関に飾り、娘が贈ってくれたと近所の人に自慢してました。

おばあちゃんが好きな花を贈るのが一番ですが、それぞれのお歳にちなんだ色、還暦は赤、古希は紫や紺、白寿は白などで選んでも喜ばれると思います。

女性はいくつになってもバラの花束をプレゼントされると嬉しくなりませんか?

赤や白、オレンジ、カスミソウをアレンジした花束をプレゼントされると、おばあちゃんは若返った気持ちになって喜ばれるのでは

スポンサードリンク

3 プレゼントに喜ばれる花言葉10選

お花には、それぞれ花言葉があります。

敬老の日には、感謝を長寿の願いを込めたお花にメッセージを添えて贈ると喜ばれます。

喜ばれるお花と花言葉をご紹介します。

リンドウ:「正義」「勝利」「尊敬」「敬愛」
白のリンドウ:「健康と長寿を願う」白寿という名前のリンドウがあります。
朝顔:「愛情」「絆」
ばら:(レッド)「情熱」「愛情」(オレンジ)「健やか」「愛情」「信頼」 (白)「心からの尊敬」
青いカーネーション「ムーンダスト」:「永遠の幸福」
カスミソウ:「感謝」「幸福」
カンパニュラ:「感謝」「誠実」
松の花:「長寿」「健康」
ヒメヒマワリ:「尊敬」「崇拝」
フリージア:「信頼」

お花と一緒に、お孫さんの手書きのメッセージを添えて贈ると最高のプレゼントになります。

まとめ

以上、敬老の日に渡す花の種類と花言葉をまとめました

年をとった自分の親には、誕生日のお祝いというわけにもいかず、敬老の日や古希のお祝いになってしまいます。

自分の母の場合だと、せっかく頂いた商品券も、一人で買い物に行けなかったり、身体の調子が悪く出歩けなかったりと使うときがなくしまい込んでいます。

糖尿もあるので食べ物もだめです。

洋服は気に入らないと着ない(苦笑)

そういう場合はお花が一番、無難で喜んでもらえます

遠くに住んでいても届けていただけるので助かります。

その方の好みや健康状態に合わせたプレゼントと一緒に娘さんお孫さんが遊びにいったり、電話をかけたりするのが一番の贈り物になります

★おすすめ関連記事★
スポンサードリンク

ピックアップ関連コンテンツ

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「今日は寒いね。」 学校や職場で「寒いね」と挨拶代わりに 声をかけあうくらい、朝夕は冷え…
  2. 「もしも我が子がインフルエンザにかかったら・・・」 インフルエンザに幼い子供がかかった場合…
  3. 日本でもハロウィンには、仮装をして楽しむ人が増えています。 「仮装はちょっと・・・」 …
  4. 春は入学の時期ですね。 この度見事大学に合格され、 大学生活を始めるあなたへ。 ご入学…
  5. 年末が近づくと、会社の中は何かと慌ただしくなります。 忘年会の幹事を任されたのなら尚更です…

カテゴリー

旬な話題をチェック!

  1. 【大学の謝恩会】乾杯、卒業生代表、締めの挨拶例文とスピーチする際の注意点

    卒業の季節が近づいてきました。 卒業式や謝恩会などに付き物なのが、代表者の挨拶です。 …
  2. 二重あごが気になる方必見!超簡単に治す方法とは?原因とガムの効果も検証

    「えっ?以前と雰囲気変わったね・・・」 ふとした時、長年仲良くしている友人の横顔がとて…
  3. ママが乳幼児を叱る時気をつける事と手を上げてしまった時のフォローの仕方

    子供の叱り方って難しいですよね? 特に乳幼児の場合、 なぜ叱られたのかがわからず、 恐…
  4. バストアップにお灸がおすすめの理由と効果のあるツボ|熱くないの?

    本格的な夏に向け、素敵なボディラインを目指して 日々努力されている方も多いのではないでしょうか…
  5. 初日の出の時間2017年予想!東京、大阪、静岡のおすすめスポットは?

    元旦の朝は、どのように過ごしていますか? 私は毎年、初日の出をみる為に、 年越しのお酒は控え…
  6. 忘年会で上司が喜ぶ簡単に出来る一発芸|恥かしがり屋の女子はコレ!

    忘年会シーズンが近づいてきました! 本来であれば楽しい忘年会ですが、 新入社員の方はちょ…
  7. 【千葉の海水浴場】綺麗でおすすめのビーチ8選!穴場スポットもご紹介♪

    千葉県は海で囲まれている地域です。 なので、日頃から海と接している方が多くいらしゃいます。…
  8. ワインオープナーがない時のコルクの開け方!意外と知らない缶切りで開ける方法

    最近のワインボトルはコルクでなく、 ねじ式で開くワイン(スクリューキャップ)も出回っています。…
ページ上部へ戻る